疑似ライブ配信機能

J-Stream Equipmediaの
ライブ機能とは

動画配信プラットフォーム「J-Stream Equipmedia」のライブ機能を使えば、自社スタッフだけで手軽にライブ配信を行えます。
ライブ配信のプロフェッショナルによる初期導入サポートメニューも用意しています。

こんな課題はありませんか?

ニーズの図

販促・社内教育・広報などの
ご担当者さまのニーズ

  • 新規顧客獲得のためにより多くのターゲットにリーチしたい
  • 会員に向けて付加価値を提供したい
  • リアルタイムで情報共有をしたい
悩む担当者の図

課題

  • 何が必要か分からない
  • やり方がよく分からない
  • 専門知識や技術が必要そう

「J-Stream Equipmedia」のライブ機能なら
自社スタッフだけでライブ配信ができます

利用シーン

さまざまな用途で幅広く活用できます。

見込み顧客向けWebセミナーの図

見込み顧客向けWebセミナー

株主総会・決算説明会の図

株主総会・決算説明会

社内向け情報共有の図

社内向け情報共有

営業向け勉強会の図

営業向け勉強会

トップメッセージの 従業員向けライブ配信の図

トップメッセージの
従業員向けライブ配信

社内イベントのライブ配信の図

社内イベントのライブ配信

「コンテンツの収益化」「双方向ライブ(Web会議)」については下記をご覧ください

積み重なる利益のアイコン
矢印同士相互にやり取りするアイコン

選べる3つのライブ配信方法

J-Stream Equipmediaのライブ配信方法の図

※「3.収録済み動画を使ったライブ配信」はExpertエディションのみ対象の機能です。Businessエディションはオプション提供となります

1.とにかく手軽なライブ配信方法

iOSアプリ「EQライブキャスト」を使って、iPhone/iPadからライブ配信ができます。
配信中に画像やテロップを差し込むことも可能なので、イベントのライブ配信だけでなく、社内勉強会やウェビナー(Webセミナー)にも活用できます。

お手軽なライブ配信が視聴者の下に届けられる図
EQライブキャストアプリ ダウンロードはこちら

サービス詳細を見る

デスクトップ配信機能

PC1台で手軽にデスクトップ画面やWebカメラ映像をライブ配信できます。

手軽にデスクトップ画面やWebカメラ映像をライブ配信できる図
お手軽なライブ配信が視聴者の下に届けられる図

2.安定性・拡張性のあるライブ配信方法

お持ちのビデオカメラを使用してライブ配信を行えるのはもちろん、カメラとパソコンの映像を切り替えながらの配信や複数名が同時出演する
ライブ配信も行うことができます。
有線環境でデータ送信を行うため、より安定した配信が可能です。スイッチャーやマイクなどは必要に応じてご用意ください。

安定性・拡張性のあるライブ配信方法で視聴者の下に映像を届けられる様子の図

3.収録済み動画を使って疑似ライブ配信

あらかじめ収録しておいた動画を指定の時間に配信する「疑似ライブ配信」にも対応しています。
管理画面から動画をアップロードし、配信時間を設定しておくと、開始時刻から自動的にライブ配信がスタートします。

※「疑似ライブ配信」が標準サービスに含まれているのは、Expertエディションのみです。Businessエディションは、有償オプションとなります。

収録済み動画を使って疑似ライブ配信を行う際の手順を説明した図
ポイントアイコン
  • 自社スタッフだけでのライブ配信は不安
  • 社内チェック済み動画でライブ配信したい
  • ライブ配信のアーカイブ映像で再配信したい
  • より少人数でライブ配信を実施したい

主な機能

マルチデバイスの画像

ライブ配信の「マルチデバイス対応」

ライブ配信設定後に発行される1つのライブ配信用タグで、パソコン、スマホ、タブレットに向けて配信することが可能です。ライブ配信用タグは「J-Stream Equipmedia」の管理画面から取得できます。

EQライブキャストによる動画配信の様子

専用iOSアプリ「EQライブキャスト」でのライブ配信

iPhone/iPadで撮影した映像をそのままライブ配信できるiOSアプリが標準サービスに含まれています。専用のカメラ機材やライブエンコーダーなどは不要で、手軽にライブ配信を実施することが可能です。

ライブ配信に対してリアルタイムでメッセージを送ることができるチャット機能の画像

リアルタイムでメッセージを
投稿できる「チャット機能」

ライブ配信での双方向コミュニケーションに便利な機能です。ライブ配信者側からの投稿はもちろん、視聴者が配信者に向けてコメントしたり、視聴者同士でコミュニケーションを取ったりすることもできます。

サーバー自動画質設定・ABR配信

単一画質のライブソース(ライブフィード)を送信するだけで、ユーザーの視聴環境に応じて自動で画質を調整し動画を視聴させることができます。

ライブの「DVR配信」

ライブ配信で「一時停止」「巻き戻し」「追いかけ再生」といったプレイヤー操作が可能となります。

セキュリティの設定画面の画像

「セキュア」なライブ配信

「会員限定」「社員限定」といった、視聴者を限定したライブ配信が可能です。「ドメイン制限」「IPアドレス制限」「ID/PW制限」「ワンタイム機能」「暗号化配信」といった方法を提供しています。

ライブ配信のデータ解析の画像

ライブ配信の「視聴解析」

「同時視聴者数集計ログ」「ユニークユーザー集計」が標準機能として備わっていて、視聴者数の推移のグラフを管理画面からリアルタイムで確認できます。ユーザー別解析などに必要な「カスタム解析変数」を利用できるエディションもあります。

ライブ配信時のアーカイブ設定画面の画像

ライブ配信後の「自動アーカイブ」

ライブ配信の映像は、オンデマンド配信用の動画コンテンツとして自動でアーカイブ保存されるため、アーカイブ配信活用をスムーズに行うことができます。不要な場合は自動でアーカイブが作成されないように設定することも可能です。

簡易編集画面の画像

アーカイブ配信準備に便利な
「簡易編集機能」

ライブ配信後にアーカイブ配信を行う場合、一般的には動画編集ソフトでの編集作業が必要です。しかし「J-Stream Equipmedia」には、動画の「トリミング(削除)/分割/結合」をはじめとした「コンテンツ内製支援機能」が備わっているため、必要最低限の簡易編集をして、すぐにアーカイブ配信を行うことができます。

街中でネットワークが飛び交う画像

盤石な「配信ネットワーク」

自社保有・運営のコンテンツ配信ネットワーク(CDN)を標準搭載しています。社外向けライブ配信ではCDNにより安定したライブ配信を実現します。

社内向けライブ配信の安定視聴には、以下のサービスの導入をご検討ください

Kollectiveのロゴ

Microsoft 365(旧:Office 365)導入企業向け社内ネットワーク負荷分散

社内ネットワーク配信を高速・安定化
Kollective SD ECDN(コレクティブ)

関連サービス

Jストリームではライブ配信のプロフェッショナルによる初期導入サポートや、
スタジオレンタルも行っています。

スタジオ撮影用の大型カメラの画像
  • 実施したい内容に合わせた機材などの「導入コンサルティング」
  • 自社スタッフだけでのライブ配信実施に向けた「初期設定トレーニング」
  • 重要な本番配信のための「監視サポート」 など、各種サポートメニューを提供しています。
グリーンバックやモニタールームなど本格的な収録スタジオの様子

Jストリームの自社スタジオ「六本木スタジオ」には、「J-Stream Equipmedia」を使ったライブ配信に必要な機材・設備がそろっています。
スタジオでは当社の機材オペレーターのサポートにより、背景合成や画面切り替えなど視聴者を飽きさせないさまざまな演出をしたライブ配信が可能です。

料金

J-Stream Equipmedia「ライブ機能」の利用には「J-Stream Equipmedia」の契約が必要です。

Jストリームの
ソリューションに
興味をお持ちの方は
お気軽に
お問い合わせください。

登録無料!

Jストリームのサービスを活用した成功事例や、お客さまの課題解決につながるお役立ち情報などをメールでお届けしています。

メールマガジン登録
CLOSE
「疑似ライブ」検討時に知っておくべき5つのポイント
無料ダウンロードはこちら