サイトが重い 中断する アクセスできない

CDNはこんなお悩みを解決します

CDN(Content Delivery Network)とは?

CDNはContent Delivery Networkの略で、インターネットコンテンツを快適に閲覧・利用できるよう、コンテンツ配信の「遅い」「中断する」「アクセスできない」を防止する仕組みです。
多数のコンテンツ配信サーバーで構成されたネットワークのことです。貴社コンテンツのデータを、CDNが一時的に保存(キャッシュ)し、お客様のサーバーにかわってエンドユーザーへ最短経路で効率的に配信します。

お客様のサーバー データ共有 CDN データ共有 お客様のサーバに代わってアクセスを分散

日本ではアクセス数TOP100サイトの約5割*にCDNが利用されており、活用範囲もさらに広がっています。(*当社調べ)。

JストリームのCDNはお客様に下記のメリットを提供

■大容量のWebコンテンツを、ユーザーに高速提供

Jストリームのコンテンツ配信ネットワークは、エンドユーザーに効率的に最短経路でコンテンツを提供。
大容量のコンテンツも表示速度を落とすことなく、ユーザー満足度を向上させます。

■大規模なアクセス集中を伴うコンテンツも安定配信

Jストリームは、国内大手通信キャリア・ISPネットワークを網羅する分散された配信ネットワークを提供。
大規模なアクセスが集中しても、表示遅延に起因する機会損失を未然に防ぎます。

表示速度はビジネスにも大きく影響

大容量・大規模なコンテンツ配信でも高速・安定配信が必要不可欠。

■悪意のあるサイバー攻撃からWebサイトを守る

Jストリームのコンテンツ配信ネットワークでは特定のコンテンツ配信の拠点でDDoS対策サービスを導入しており、Webサイトのサイバー攻撃への耐性を高めます。さらに常時SSLで安全なトラフィックを確保。

■運用コストを削減

Jstreamでは常に最新の高速プログラムや高性能サーバーなどの最新技術を導入していおり、貴社のデータセンター拡張などの設備投資を削減。さらに、サーバー自体のデータ転送量を大幅に削減。

Jストリームが提供するCDNサービス

CDNextに関するパートナープログラム(代理販売・自社ブランドとしての再販)はこちらでご案内をしております。

電話でのお問い合わせは

0120-65-8140

TEL03-5765-7000

(受付時間:平日9:30-18:30)

電話でのお問い合わせは
0120-65-8140