Equipmedia機能紹介: ライブDVR機能

2022.01.25

J-Stream Equipmedia

ライブ配信

Equipmedia機能紹介

Equipmediaに、ライブ配信時の視聴利便性を向上できる「ライブDVR機能」が追加になりました。

※「ライブDVR機能」は疑似ライブ配信には対応しておりません。

ライブDVR機能とは

  • ライブ配信中に視聴者が「一時停止」できる
  • ライブ配信中に視聴者が「巻き戻し再生」できる
  • ライブ配信の開始時間に遅れた場合に、過去に遡って「追いかけ再生」できる

ライブDVR機能により、ライブ配信で「一時停止」「巻き戻し」「追いかけ再生」といったプレイヤー操作が可能になり、視聴利便性が向上します。

ライブDVR機能の概要図

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行により、ライブ配信のニーズは急拡大し、オンラインイベントやウェビナー、研修など多くのシーンで活用されるようになりました。ライブ配信は一度に多数の視聴者に情報を届けることができ、高い視聴率を望める配信方法ですが、オンデマンド配信に比べると視聴利便性が劣る配信方法です。しかしDVRを利用することで、視聴利便性を兼ね備えたライブ配信が可能となります。

視聴者操作イメージ

ライブ配信中に視聴者は「一時停止」が可能となります。また、シーンの見逃しやもう一度見たい場合の「巻き戻し再生」、ライブ開始時間から遅れて視聴開始をした場合に過去に遡っての「追いかけ再生」が可能になります。
※最大4時間まで遡って視聴できます。

配信済みの部分(ライブDVR)については倍速再生が可能です。現在配信中の部分に追いついた場合、倍速再生はできなくなります。

ライブDVR機能の視聴者操作イメージ

管理画面イメージ

ライブDVR機能を利用するかどうかの選択が可能です。また、ライブ配信終了後にDVR映像を保持する時間を任意で設定できます。
※DVRの保持時間は最大9時間です。

ライブDVR機能の管理画面イメージ

以上、ライブ配信時の視聴利便性を向上させるEquipmedia新機能「ライブDVR機能」をご紹介しました。

今後も動画配信プラットフォーム「J-Stream Equipmedia」は、引き続きお客様の声や世の中のニーズから機能拡張を行ってまいります。「こんな機能があったらいいな」「こうだったらもっと便利なのに」というご要望があればぜひお知らせください。

今後ともJ-Stream Equipmediaをよろしくお願いいたします。

J-Stream Equipmediaの詳しい説明はこちら

関連する記事一覧

Jストリームの
ソリューションに
興味をお持ちの方は
お気軽に
お問い合わせください。

登録無料!

Jストリームのサービスを活用した成功事例や、お客さまの課題解決につながるお役立ち情報などをメールでお届けしています。

メールマガジン登録