株主の皆様へ

株主の皆様には、平素より当社の経営にご理解とご支援を賜り、厚くお礼申し上げます。

第23期につきましては、主力サービスでありますライブ中継、動画配信プラットフォーム J-Stream EquipmediaやCDN(コンテンツデリバリーネットワーク)サービス J-Stream CDNextの販売拡大に邁進しました。更に、第22期に出資を行ったビッグエムズワイを子会社化し、グループ力向上と同時に医薬業界向けビジネス拡大の施策を強化、またメディア業界の顧客向けに求められる大規模配信に対応するサービスの構築を進めるなど、当社にとって特に重要性の高い業界向けに積極施策を採りました。

こうした活動が奏功し、医薬系業界のウェブ講演会の受注は期を通じて順調に推移し、メディア業界の運用関連受注、その他の業種においても企業内の情報共有、研修等の動画利用需要を捉えることができました。2020年に入り、新型コロナウイルス感染症の蔓延と対策の為の経済活動抑制・自粛の動きも出ましたが、インターネットや動画を利用したコミュニケーションが注目を浴びる機会にもなり、新規受注も生まれました。結果として第23期は増収増益とすることができました。

第24期につきましては、感染症の先行きが見えない状況下、不確実性はありますが、ネットワークを通じたビジネスやエンターテインメント関連の動画の流通は増加すると考えており、これらの需要を捉え、一層の成長を果たす所存でございます。

株主の皆様におかれましては、これからも変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますよう、お願い申しあげます。

代表取締役社長
石松 俊雄

2020年6月

PageTop
PageTop