Web講演会開催数の変化と参加しやすい時間帯・長さ
~調査レポート:製薬会社主催の講演会に対する医師の評価より~

2021.10.27

ライブ配信サービス

医薬・医療業界向け

調査レポート:製薬会社主催の講演会に対する医師の評価より

当社は医療系Web講演会実績年間約2,300件(※1)を持つインターネット動画配信を得意とする企業です。2021年3月に実施した製薬会社主催の講演会に関する医師へのアンケート調査から、今回は「講演会の増減 5年前との比較」「Web講演会の参加しやすい時間帯」「Web講演会の適当な時間の長さ」についてご紹介します。

1 2020年度実績。

 本記事ではホテルや会議室などの会場やスタジオでの講演をインターネット上で配信する形の講演会「Web講演会」に対して、会場参加で行われる講演会を「リアル講演会/リアルな講演会」と表記しています。

全ての調査項目と結果をご覧になりたい方は、下記より調査資料をダウンロードしてご確認ください。

調査資料「製薬会社主催の講演会に対する医師の評価」をダウンロードする

1.講演会の増減 5年前との比較  

本本調査により、リアル講演会への参加が5年前と比べて大幅減となる一方、Web講演会への参加が大幅に増え、医療業界においてもWeb講演会の活用が拡大していることが、調査によってあらためて明らかになりました。

リアルな講演会の回数は大幅に減少

5年前とのリアルな講演会の回数の増減については、リアルな講演会は「5年前に比べ大幅に減った」が49.0%、「5年前に比べやや減った」が17.0%で、「5年前に比べ減った」とする回答が合計66.0%になりました。

リアルな講演会の回数の大幅減少を示すグラフ

 Web講演会の回数は大幅に増加

5年前とのWeb講演会の回数の増減については、「5年前に比べ大幅に増えた」44.0%、「5年前に比べやや増えた」34.0%で、「5年前に比べ増えた」とする回答が合計78%になりました。

Web講演会の回数の大幅増加を示すグラフ

2.Web講演会の参加しやすい時間帯 

Web講演会の参加しやすい時間帯は、「平日夜(19~22時台)」が61.0%と最も多く、次いで「平日夕方(16~18時台)」が27.5%でした。

Web講演会の参加しやすい時間帯の回答結果

お昼休みの時間帯の開催で参加者を集めているケースや、地域によっては夜間診療が遅くまであることから20時以降の開催が求められるケースもあるようです。

3.Web講演会の適当な時間の長さ

Web講演会の適当な時間の長さは、「全体で1時間以内」が53.0%と半数。「全体で30分以内」は24.0%という結果になりました。

Web講演会の適当な時間の長さの回答結果

開催実態としても、リアル講演会は2時間程度と長いものが多かったのに対し、Web講演会は1時間や30分など短い時間で開催されている傾向があります。

以上、2021年3月に当社が行った医師へのアンケート調査の結果から、「5年前と比較した講演会の増減」「Web講演会の参加しやすい時間帯」「Web講演会の適当な時間の長さ」について紹介しました。
医師向けのWeb講演会開催のご担当者様や、今後開催を検討されている方の参考になれば幸いです。

本調査ではご紹介の内容に加え


  • 講演会の増減状況 2019 – 2020比較
  • 医師の講演会参加状況 平均参加回数
  • 医師の講演会参加状況 製薬企業別
  • Web講演会の認知経緯
  • Web講演会へ参加する際の課題
  • 今後のWeb講演会への要望
  • 今後の講演会への要望

といった調査結果も掲載しています。
全ての調査項目と結果をご覧になりたい方は、下記より調査資料をダウンロードしてご確認ください。

調査資料「製薬会社主催の講演会に対する医師の評価」をダウンロードする

調査概要

【調査方法】医師インターネットアンケート
【調査対象】400床以上の病院の勤務医
【調査期間】2021年3月
【有効回答】200名

関連する記事一覧

Jストリームの
ソリューションに
興味をお持ちの方は
お気軽に
お問い合わせください。

登録無料!

Jストリームのサービスを活用した成功事例や、お客さまの課題解決につながるお役立ち情報などをメールでお届けしています。

メールマガジン登録