JストリームBlog

J-Stream Blog

2019.03.11

様々なマニュアルも動画主体の時代へ!?
「動画マニュアル」活用のヒント

これまで文書での提供が主な手段となっていたマニュアルの在り方に変化が起こっています。
スマートフォンやタブレットなどどこでも動画を見られる環境が整ってきたことや、働き方改革が推進され業務効率化のために、マニュアルでのサポートがひとつの方法だという風潮も後押しとなり、マニュアルを動画にするケースが増えているのです。

文書を動画化することでのメリットとしては、よく
○わかりやすい
○正確に情報が伝わる
○記憶に残る

といったことが挙げられますが、マニュアルの役割としてどれも当てはまる内容で、動画との親和性は非常に高いと思います。
「わかりやすくて、間違いなく正確に実践でき、(記憶に残るから)習得が早い」
といったマニュアルはベストではないですか?

実際、最近弊社へいただくお問い合わせの中でも、
「マニュアルを動画化したい」
というご相談が増えてきました。

そこで今回は、マニュアルを動画化し工数削減や品質の均一化など様々な成果を残しているお客様の事例を通して、動画マニュアルのメリットを少し具体的にお伝えできればと思います。

京セラドキュメントソリューションズ株式会社 様

https://www.stream.co.jp/casestudy/kyoceradocumentsolutions/

製品の操作方法などのサポート情報を掲載しているページで動画を活用

複合機やプリンターなどを提供している京セラドキュメントソリューションズ様は、「用紙のセット方法」や「操作パネルの使い方」「電源の入れ方/切り方」といった操作方法などをサポートページに動画で掲載しています。

製品を利用しているユーザーが、「使い方がわからない」といった場合に、すぐにサポートに問い合わせるのではなく、動画を見て解決できれば問い合わせの削減につながり、かつ顧客満足度の向上にもつながるという考えで動画の活用を推進しています。

動画マニュアルをユーザーサポートとして活用する有効な方法のひとつです。

株式会社麦の穂 様

https://www.stream.co.jp/casestudy/muginoho/

シュークリームの作り方などのコツを全国の店舗に伝えるために動画を活用

「ビアードパパの作りたて工房」をはじめとした飲食店を全国で運営されている麦の穂様ですが、シュークリームの作り方、デコレーション方法などを文書でのレシピの他に動画でも全国の各店舗に提供しています。

作り方、デコレーション方法ともにコツが必要な商品が多く、動画導入前は「品質を一定に保つ」ことが課題となっていました。ですが、実際に作りながらポイントを解説する動画を活用することで品質の均一化を実現しています。

実際に動画を視聴した店舗スタッフからは
・繰り返し確認することができる
・必要に応じて停止・再生ができるので便利

という声が上がっています。

実はここも動画マニュアルを利用するひとつのポイントで、紙のマニュアルだとどこがよく見られている部分なのか判別が難しいのですが、動画であれば視聴ログを解析することによって繰り返し視聴されている箇所を割り出し、別途フォローするなどの対策をうつことができます。

これもマニュアルを動画化することのひとつのメリットです。

養老乃瀧株式会社 様

https://www.stream.co.jp/casestudy/yoronotaki/

テキストや言葉では表現が難しい調理や接客方法のコツを動画で提供

養老乃瀧様はVHS全盛の時代(20年前)から「接客マニュアル」を動画化して各店舗に提供しています。現在では接客マニュアルの他にも「調理方法」やレジなどの「オペレーション」も動画化し、動画マニュアルの活用幅は拡がっているのですが、

養老乃瀧様は、
・思い違いすることなく正確に理解してもらえる点
・動画を通して、指導する側の熱を伝えられる点

が、マニュアルを“動画にすることの良さ”だと考えています。

この「正確に」「熱意までもが伝わる」というのがやはり動画の良さであり、これもマニュアルを動画化する大きな意味となります。

いかがでしょうか。動画マニュアル導入のメリットを少しは感じていただけたでしょうか?

ちなみに、これまでご紹介した3社については、動画は自社内で制作されていますが、
「ちょっと自社で動画作るノウハウはないな・・・」
というお客様もいらっしゃると思いますし、他にも
「そもそも何から始めたら良いのかさっぱり・・・」
「忙しくて取り掛かれない・・・」
「予算が心配・・・」
といったお客様も多いかと思われます。

そんなお客様のためにJストリームでは比較的安価に動画マニュアルを制作できるサービスをご用意しました。

「最終的には自社内で動画作っていこうと思っているのだが、流れに乗せるところまで手伝って欲しい」
というようなご相談でもかまいませんので、
動画マニュアルに興味をお持ちいただき、少し話しをきいてみたいという方はぜひお気軽にご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連サービス

関連記事

電話でのお問い合わせは

0120-65-8140

TEL03-5765-7000

(受付時間:平日9:30-18:30)

電話でのお問い合わせは
0120-65-8140