マストバイキャンペーンとは? 基本解説と動画を使った施策例・実施のポイント

2022.07.01

限定動画配信

エンターテイメント

「マストバイキャンペーン」はクローズドキャンペーンの一種です。本記事では基本解説と、動画(ライブ配信・オンデマンド配信)を特典にした施策例・実施のポイントを紹介します。動画を特典とする場合、セキュリティや規模に対応した動画配信が必要になるため、事前にしっかりポイントを理解しておきましょう。

1. マストバイキャンペーンとは?

販促施策等で実施される景品を用いたキャンペーンには、大きく分けて「オープンキャンペーン」と「クローズドキャンペーン」があり、「マストバイキャンペーン」はクローズドキャンペーンの一部を指す言葉です。

オープンキャンペーンとは

キャンペーン参加条件が特になく、応募規約へ同意すれば、応募方法に従って誰でもが参加できるタイプのキャンペーンです。オープン懸賞とも呼ばれ、新聞やテレビ・雑誌・Webサイトなどで広く告知し実施されます。

来店者を対象として景品を提供する場合は、取引に付随して提供されるとみなすため、クローズドキャンペーンになります。

クローズドキャンペーンとは

例えば「商品を購入する」「有料サービスを利用する」「来店する」などの条件を満たすことで参加できるキャンペーンです。クローズド懸賞とも呼ばれます。

マストバイキャンペーンとは

クローズドキャンペーンの中で「指定商品を購入する」「指定金額以上購入する」といった、購入を条件とするタイプのものは、マストバイキャンペーンと呼ばれます。

マストバイキャンペーンと景品表示法

オープンキャンペーンの景品には上限額の定めはありません。一方、マストバイキャンペーンを含むクローズドキャンペーンは、消費者庁が定める「不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)」(景表法とも呼ばれる)に準じて実施する必要があります。景品の上限価格が決められおり、景品類限度額の範囲内で行う必要があります。

2. 動画を特典としたマストバイキャンペーン事例

マストバイキャンペーン自体は、販売促進の手法として昔からあるものですが、最近では動画(ライブ配信・オンデマンド配信)を景品(特典)としたマストバイキャンペーンも登場しています。下記は、キングレコード株式会社様の事例です。

【事例】 CDアルバム初回製造分購入者限定の動画配信

キングレコード / EVIL LINE RECORDS様は、ももいろクローバーZの5thアルバム「MOMOIRO CLOVER Z」の発売記念として、アルバムの初回プレス分に付属したカードに記載されているシリアルナンバーを視聴サイトで入力すると、東京キネマ倶楽部で行った単独公演「5th ALBUM『MOMOIRO CLOVER Z』SHOW at 東京キネマ倶楽部」の様子がストリーミング配信で視聴できるCD購入者限定の動画配信(マストバイキャンペーン)を実施しました。

事例の詳細はこちらでご確認いただけます。

マストバイキャンペーンの全体図

3. 動画を特典としたマストバイキャンペーン実施のポイント

ユーザー体験を高める動画視聴

最も大切なのは、特典である動画が、購入者にとって魅力的であるかどうかです。普段見ることのできないような動画であれば、より特典としての価値を感じてもらえるでしょう。
また、動画の内容に加え、「ライブ配信がいいのか、オンデマンド配信がいいのか」といった、配信方法の使い分けも検討したいところです。

ライブ配信

ライブ配信であれば、特定の日時にアクセスしてリアルタイムに視聴することになります。ライブ配信当日への期待感も当然生まれます。ライブ配信の後に見逃し配信(アーカイブ配信)を行えば、より多くの方が視聴可能になります。

オンデマンド配信

オンデマンド配信であれば、視聴者の都合のよいタイミングや速さで視聴できます。もちろん、内容によっては繰り返し視聴もされるでしょう。1対1のやり取りを感じさせるような動画も、オンデマンド配信により向いているでしょう。

認証画面や視聴時のインターフェース

認証画面や視聴時のインターフェースも一連の体験を支える大切な部分です。こういった部分も、商品やサービスのブランドイメージを損なわないよう気を配りたいところです。

セキュアな動画視聴のための環境

動画視聴ページのURLや動画ファイルが拡散され自由に視聴できてしまうと、特典としての価値が無くなってしまいます。購入者の認証はもちろんのこと、セキュアに動画を配信できる仕組みが必要となります。

購入者の認証機能

例えば、対象がCDなどの商品であれば、商品にシリアルコードを封入しておきます。購入者は認証画面にアクセスし、シリアルコードを入力してコンテンツ視聴ページに遷移します。

セキュアな動画配信に必要な主な機能

ストリーミング配信スマートフォンやパソコンといった視聴端末に動画ファイルが残らない動画配信方式です。
暗号化配信動画ファイルを標準暗号規格(AES)で暗号化して配信する方法です。万が一動画ファイルが意図せず拡散した際に、特定プレイヤー以外で視聴されにくくなります。
多重ログイン防止1つのシリアルコードを使って、複数環境から同時アクセスすることを制限する機能です。
端末制御初回にログインした端末でしか2回目以降ログインできないようにする機能です。多重ログイン防止より厳重に、シリアルコードの流出防止対策をしたい場合におすすめです。

動画配信を開始するタイミングや期間を考える

「商品販売開始と同時に特典動画が視聴できる」「商品販売開始からしばらく経って特典動画配信を開始する」といったパターンがあります。

オンデマンド配信での特典動画配信の場合、販売開始と同時スタートが可能です。この場合、商品が手元に届き次第、特典動画を視聴することが出来ます。
楽しみにしていた商品が手に入り、すぐ特典が視聴できるのは嬉しいことです。ただし、商品の販売開始と同時とはいえ、前日に店頭に並び入手できる「フライングゲット=通称フラゲ」が起こる可能性があります。そのため、販売開始前日から特典動画の配信をスタートする場合もあります。
逆に遠隔地などでは、販売開始当日に手元に届かないといった場合もあり得ますので、そういった状況も踏まえ終了も含めた配信開始タイミングや期間を考える必要があります。

ライブ配信の場合は「商品販売開始からしばらく経って特典動画配信を開始する」ことになります。ライブ配信の場合、「何日の何時に配信するのか」を決め、告知する必要があります。またライブ配信の後に、見逃し配信(アーカイブ配信)をするかどうかも決めておきます。

キャンペーンの規模に合わせた準備

キャンペーンの規模に合わせて

  • シリアルコードの発行
  • 認証サイトへのアクセス集中対策
  • 動画配信サーバーの手配

が必要になります。
「Webサイトにアクセスが集中してログインできない」「アクセスが集中して動画が再生されない」といった事態は避けなければなりません。

快適な特典視聴の実現のために、販売規模とアクセス予測に合わせた環境を準備します。過去に実施したことがない場合、どれだけアクセスがあるか分からないかも知れません。サーバー手配や動画配信部分を委託する企業とも相談しながら、準備を進めると良いでしょう。

以上、マストバイキャンペーンの基本解説と、動画(ライブ配信・オンデマンド配信)を特典にしたキャンペーン施策例・実施のポイントを紹介しました。
シリアルコードの発行数に応じて費用が変わるソリューションやサービスもありますので、企画の際には予算や実施内容に合ったものを選びましょう。当社では、動画を使ったマストバイキャンペーンを実施される企業向けのソリューションを提供しています。

マストバイキャンペーン ソリューション概要

動画(ライブ配信・オンデマンド配信)を用いたマストバイキャンペーンを簡単に実施することができます。使いやすい管理画面を有しており、シリアルコード発行からWEBページ管理など、マストバイキャンペーンを行う上で必要な機能を提供します。シリアルコードの発行数が費用に影響しない料金プランなので、大規模なキャンペーンでもご利用いただきやすくなっています。
ご興味のある方はこちらからお問い合わせください。

マストバイソリューションについて問い合わせる

関連ページ

Jストリームの
ソリューションに
興味をお持ちの方は
お気軽に
お問い合わせください。

登録無料!

Jストリームのサービスを活用した成功事例や、お客さまの課題解決につながるお役立ち情報などをメールでお届けしています。

メールマガジン登録