JストリームBlog

J-Stream Blog

2019.09.25

手軽そうで実はややこしい!? フリー音源の適切な選び方

動画の編集ソフト・アプリの普及などにより、動画を内製しているという企業のご担当者様も増えてきているかと思います。あえて動画にBGMをつけないという方もいらっしゃるかもしれませんが、実はBGMをつけると、視聴者へ親しみやすさを与えたり、視聴時の音量調整の目安になるなど、ひと手間加えるだけで動画の印象は大きく変わります。
そこで、BGMをつけてみようと考えた場合、手軽そうな「フリー音源」をインターネット上で検索しようと思う方も多いのではないでしょうか。今回は、その「フリー音源」の選び方についてご紹介します。

■そもそも「フリー音源」とは

フリー音源専門のWebサイトでは、個人もしくは企業のクリエイターが制作した音楽素材が公開されています。「フリー」と聞くと、「無料」「自由に使えそう」というイメージが思い浮かびますが、実はサイトによって「フリー」の意味が異なったり、使用用途や使用方法についても制限があったり、注意しなければいけない点が多くあります。
まず、「フリー」という言葉の意味合いですが、大きく分けて以下の2つに分類されます。

【料金フリー】
文字通り、使用料金が無料の音楽素材のことを指す
制作者に料金を支払わなくても使用できるが、利用規約上では使用用途などに制限も多く、また、著作権も制作者が保持している場合が多い

【ロイヤリティフリー】
料金フリーの素材と同様に、著作権は制作者に帰属していることが多いが、利用者は素材を購入することにより、その素材の「使用権を有料で取得」したことになる。
そのため、利用規約さえ遵守すれば、料金フリーの素材に比べて使用用途などの自由度が高い

前述の通り、「料金フリー」「ロイヤリティフリー」に関わらず、使用にあたっては利用規約を守る必要があります。サイトとして設けている共通の利用規約を守れば良いパターンと、クリエイター個人単位でも条件を設定しているパターンなどサイトによって状況は様々ですので、事前に禁止事項はしっかりと確認する必要があります。商用可否・加工可否・国外サーバーでの配信可否等々、細かく確認をしましょう。

■「料金フリー」の音楽素材を使用した場合、予期せぬトラブルなども

「料金フリー」の場合、無料で使用できるという点は非常に大きなメリットではありますが、その分リスクもあります。例えば、出どころが確かではない素材が含まれている可能性があります。実際に、有料で販売されている音楽素材を、悪質なユーザーがそのまま料金フリーの素材として配布している場合があるようです。また、出どころが確かだと確認できている素材だとしても、意図せず他の音楽と類似してしまうというケースもあるようです。その場合、類似している音楽のクリエイターからクレームをつけられ、最悪の場合、動画の配信停止という事例も出ています。
無料で使用できる代わりに、クリエイターから細かい制限事項を提示される場合もありますので、十分に確認せず自由に使用していると、知らないうちに規約から逸脱してしまっているという危険性もあります。

■安心して使用できる「ロイヤリティフリー」の音楽素材を

せっかく時間をかけて制作した動画でトラブルに巻き込まれないよう、多少費用はかかりますが、「ロイヤリティフリー」の音楽素材の購入・使用をおすすめします。また、「料金フリー」の場合は、利用規約による制限で思ったより使い勝手が良くないこともありますが、「ロイヤリティフリー」の場合は、使用用途が比較的幅広い点など、使用上のメリットも多いのが特徴です。当社でも、フリー音源を使用してお客様の動画を編集させていただくことがありますが、信頼性などの観点から「ロイヤリティフリー」の素材を採用しています。

ロイヤリティフリー音楽素材のダウンロードサイトで、一般的なものをいくつかご紹介させていただきます。

PIXTA
https://pixta.jp/audio
Audiostock
https://audiostock.jp/
Shutterstock
https://www.shutterstock.com/ja/music/

■最後に

音源は簡単に手に入るものの、いざ動画との組み合わせ作業を始めてみると、動画の内容にあった選曲や、尺・音量の調整など、慣れていないと難しい工程もいくつかあります。また、この記事をお読みいただき、トラブルが怖くて自分では手を出しづらいという印象を持たれた方や、誰でも手に入るものではなく、自社だけのオリジナルBGMが欲しいという要望も持たれた方もいらっしゃるかもしれません。そのようなお困りごとがございましたら、当社の映像ディレクターがサポートさせていただきますので、お気軽にご相談いただければと思います。

また、自社で全て完結させたいとお考えのお客様向けには、豊富な音源を標準で内蔵している動画編集アプリ「Videolicious」のご提供もしておりますので、ご興味がございましたらぜひお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連サービス

関連記事

電話でのお問い合わせは

0120-65-8140

TEL03-5765-7000

(受付時間:平日9:30-18:30)

電話でのお問い合わせは
0120-65-8140