~収録済み動画を使ったライブ配信(疑似ライブ配信)~
ライブ配信:自社スタッフだけで実施するための主な設備・機材

2020.07.13

J-Stream Equipmedia

EQ ライブ機能

社内動画配信

セルフライブ

疑似ライブ配信

疑似ライブ配信は、これから自社スタッフだけでライブ配信実施に取り組む場合におすすめしたいスタイルです。「生放送は不安」という場合はもちろん、「社内チェックを行った内容でライブ配信をしたい」「少数のスタッフでライブ配信を実施したい」といった場合などにも適しています。

※本記事は片方向ライブ配信を前提として解説しています。

※本記事では無観客でのライブ配信に絞って解説しています。

※本記事は、当社「J-Stream Equipmedia」の場合で説明しています。

1.ライブ配信の基本

「収録済み動画を使ったライブ配信(疑似ライブ配信)」の構成は以下となります。

疑似ライブ配信は、事前にデータ転送しておいた動画ファイルからライブ配信をするため、インターネット回線は必要であるものの、通常のライブ配信(生放送)のような、高速・安定したインターネット回線(上り)を準備する必要はありません。また、事前に収録・動画制作が終わっているため、本番ではカメラやマイクといった機材も必要ありません。
そういった意味では、ライブ配信本番の機材構成や必要人員としては最もシンプルといえます。

「収録済み動画を使ったライブ配信(疑似ライブ配信)」以外のスタイルについて知りたい方は下記をご覧ください。

2.主な設備・機材

収録済み動画を使ったライブ配信(疑似ライブ配信)に必要な主な設備・機材は以下です。

  • インターネット回線(動画アップロード用)
  • ライブ配信サービス
  • PC(ライブ配信管理用)
  • 収録済み動画(制作済み動画)

インターネット回線(動画アップロード用)

事前に動画をアップロードするために使用します。通常のライブ配信(生放送)のような、高速・安定したインターネット回線(上り)を準備する必要はありません。業務に使っているインターネット回線を流用できます。

ライブ配信サービス

疑似ライブ配信が可能なサービスを用意します。

PC(ライブ配信管理用)

事前に、管理画面から配信用の動画をアップロードしたり、配信設定をしたりするために使用します。

収録済み動画(制作済み動画)

配信設定に登録可能な動画条件を事前に確認し、収録・動画制作を行います。収録・動画制作については次章にて紹介します。

3.疑似ライブ配信に使用する動画の制作

疑似ライブ配信に使用する動画の収録・制作については、様々な手法があります。
例えば、出演者とスライドで構成される内容であれば

  • 動画収録ができるスタジオレンタルサービスを利用して制作(外部に依頼)
  • 出演者を収録した動画やスライド資料を編集してもらう(編集のみ外部委託)
  • 自らスライド資料にナレーションを収録して動画を制作する(動画内製)

などの方法です。
収録・動画制作は、配信したい内容や自社の体制に合わせて進めていくことになります。

プレゼン動画を自社スタッフで作りたいと考えている方に向けて、身近なツールを使って簡単にできる3つの作成方法を紹介したガイドを配布中です。動画内製をご検討中の場合はダウンロードして活用ください。

『ほぼ0かんたん動画制作 実践ガイド』

4.注意点

疑似ライブ配信は本番中に講演内容の変更ができません。その点を考慮して企画や動画の準備を進めましょう。

次の章でも「チャット」について触れますが、疑似ライブ配信でもチャット機能を利用して、視聴者からの質問を受け付け、リアルタイムに応答することでライブ配信と変わらない双方向でのコミュニケーションを実現できます。
ただし、チャットはライブ配信の停止とともにクローズしてしまいます。動画本編後も質疑応対でチャットを使いたい場合は、あらかじめ本編映像の末尾に質疑応答時間用の予備映像を付けて、本編の全尺時間を長くしておくとよいでしょう。

5.本番対応人数

疑似ライブ配信は事前に動画登録を済ませておくため、本番で必要なのはチャット対応のスタッフ1名~のみです。

チャット対応のスタッフは視聴申し込み者数やテーマによって調整していくことになります。一概に「申し込み者○人に対して1名」とはいえません。それは、1回に対してどの程度の質問が来るかに加え、質問の難易度によって1問あたりにかかる時間が異なるためです。もし時間内に回答しきれない場合は、本番終了後にメールなどで回答するのがよいでしょう。

以上、収録済み動画を使ったライブ配信(疑似ライブ配信)について、自社スタッフだけで実施するための主な設備・機材について解説しました。
ライブ配信実施の流れについては、下記Blogを参考になさってください。

自社スタッフだけでのライブ配信開催をご検討中の企業様に向けて「ライブ配信の実践ガイド」を配布中です。ぜひダウンロードして活用ください。

当社では、動画活用にまつわるお役立ち情報の提供に加え、お客様自身の操作だけでいつでもライブ配信が可能な「J-Stream Equipmedia 」を提供しています。企業の動画活用に必要なあらゆる機能を装備しながら、5万円から始められる動画配信プラットフォームです。30日間無料でお試しいただけますのでご興味のある方はお問い合せください。

関連する記事一覧

Jストリームの
ソリューションに
興味をお持ちの方は
お気軽に
お問い合わせください。

登録無料!

Jストリームのサービスを活用した成功事例や、お客さまの課題解決につながるお役立ち情報などをメールでお届けしています。

メールマガジン登録