1枚の画像をもとに各デバイスに最適化された画像を簡単生成

J-Stream CDNext 画像変換サービス

NEWS
2019.08.29 東京開催(無料セミナー)
CDNミニセミナー(CDN初級~中級者向け) >

Jストリームの「J-Stream CDNext 画像変換サービス」は、1枚の画像をもとに画像の拡大縮小、切り抜き、合成などで各デバイスに最適化された画像を簡単に生成し、国内トップクラスの安定感を誇るJストリームのCDNサービス「J-Stream CDNext」で配信することにより、高速かつ高品質な画像の配信を実現するサービスです。

利用ケース

このような種類、サイズともに多くの画像が表示されているサイトの利用に最適です。
また、現在以下のような課題をお持ちのサイト管理者の方は、画像変換サービスの導入で解決できます。

  • 課題① 制作・Webサーバのコストを抑えたい!

    サイズの異なる画像を複数用意するために、制作コストの負担、またはオリジンサーバでの画像変換処理の増大

    画像変換をクラウドサービスで処理するため運用・サーバコストを大幅に削減

  • 課題② ストレージ費用の負担を抑えたい!

    各種画像の保存によりストレージの容量やそれにかかるコストの圧迫

    ストレージへの保存は元画像のみのためストレージ容量・コストを大幅に削減

  • 課題③ Webの表示を高速化したい!特にスマホの高速化が課題!

    画像のサイズが増加する中、Webサイトの表示に時間がかかる

    エッジサーバから配信することで画像の配信を高速化、かつ画像を条件に合わせて圧縮することで更なる高速化が可能

  • 「画像変換サービス」利用例

    ■サイズなどの変換

    ■フォーマットの変換

    機能 概要
    入力形式 JPG、PNG、GIF
    最大100MBまで
    出力形式 JPG、PNG、GIF、WebP
    圧縮率変更

    ※「J-Stream CDNext 画像変換サービス」は画像変換エンジンとしてさくらインターネット社提供の「ImageFlux」を使用しています

導入までの流れ

ご契約完了後、以下の設定が済んだら利用可能です。

1.画像変換ルールを決める

例:スマートフォンサイト向け商品画像 縦400×横400、圧縮率70%

2.画像変換ルールにあわせURLを決める

例:画像URL https://www.example.jp/bbb/aaa.jpg
  /bbb/配下の画像はすべて上記のルールを適用する
※URLの詳細に関しては別途ヒアリングの上確定。基本的にお客様の希望に沿った形での対応が可能

3.CDN/画像変換サービスの設定を行う

1.2.の情報をもとにCDN/画像変換サービスの設定を実施

4.環境切り替え

DNSの向け先変更(CNAME)により環境切り替え

料金

お客様のサイトでの画像の利用状況をヒアリングした上で、個別に御見積もりいたします。
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせは

0120-65-8140

TEL03-5765-7000

(受付時間:平日9:30-18:30)

電話でのお問い合わせは
0120-65-8140