CDNextの導入でアクセス集中によるWebサイトダウンに対処
サイトダウンによるコンバージョン(宿泊予約)機会損失の防止に成功

バンズシティ株式会社 様

バンズシティ株式会社 様

建設・不動産

ご利用サービス:

不動産管理事業など総合不動産業を展開しているバンズシティ様は、新規事業のひとつとして「THE CHIKURA UMI BASE CAMP」というグランピング施設の運営を行っています。
THE CHIKURA UMI BASE CAMPは2018年6月に施設がオープンしましたが、「作って食べる」を楽しむ新スタイルのグランピング施設ということもあり、雑誌やテレビなど多数のメディアで取り上げられたのですが、特にテレビで紹介された際には通常の30~50倍のアクセスが発生し、Webサイトがダウンしてしまうという課題がありました。

この課題解決のためにJストリームのCDNサービス「J-Stream CDNext」を導入いただきました。導入以降はメディアで紹介されアクセス集中が発生してもWebサイトのダウンは一度も起きていません。

事例のポイント

  • CDNの導入でアクセス集中によるWebサイトダウンを回避
  • 約1ヶ月分の宿泊予約機会損失を防止
  • 「低コスト・安全・アフターサポート」を基準に選定、特にサポートの充実を評価

【インタビュー対応いただいたお客様】

取締役 不動産管理部 部長 末長 和樹 様
サービス部 9課 広報担当 中川 かおり 様

— CDN導入を考えたきっかけは?

アクセス集中によるWebサイトダウンの問題を解決したい

THE CHIKURA UMI BASE CAMPは新しいスタイルのグランピング施設ということもあり、施設オープン前から数多くのメディアに注目いただいていました。そんな背景もあり、まず、オープン直後に取材記者がWebサイトに殺到したことでサイトはダウンしました。また、その後の取材から雑誌やテレビなどの各メディアでご紹介いただくわけですが、特にテレビでご紹介いただいた際には短時間でアクセスが集中し、こちらでもサイトはダウンしていました。

メディアへの掲載は最高のPR機会となるので、早急に問題解決を図るために利用中のレンタルサーバーを増強するなどの対応も試みましたが、問題の解決には至りませんでした。そんな困っていた状況の中で、問題解決方法のひとつとしてCDNというサービスがあることを知ったことが導入を考え始めたきっかけです。

「THE CHIKURA UMI BASE CAMP」施設イメージ
— なぜJストリームのサービスを採用したのか?

「低コスト・安全・アフターサポート」で選定、特にサポートの充実を評価

Jストリームも含めたCDNを提供している5社にご提案いただき、「低コスト・安全・アフターサポート」の3ポイントで選定を進めました。これらの点においてJストリームが優れていると判断したので採用を決めたのですが、我々がCDNの知識がまったくなかったところからのスタートだったこともあり、「導入後もいざとなったら相談できる」という安心感が持てるサポートの充実は大きかったです。

また、提案までも早く、親身になって問題を分析し、解決に結びつけてくれた点も評価しています。

— CDNext導入後の効果は?

約1ヶ月分のコンバージョン(宿泊予約)機会損失の防止

テレビで紹介された際の1日のアクセス数から宿泊予約数を計算すると、約1ヶ月分の宿泊予約の可能性があったと想定しています。言い換えるとWebサイトがダウンすることで、約1ヶ月分の宿泊予約の可能性を失っていたことになります。この機会損失を防げたことがわかりやすい効果のひとつです。

あとはWebサイトダウンの不安から積極的には実施できていなかった様々なPR活動も不安なく実施していけるといったこともひとつCDNext導入の効果でしょうか。

— 今後の展開

これから立ち上げるWebサイトにもCDNextの導入を検討

私達はTHE CHIKURA UMI BASE CAMPのように今後も新規事業の立ち上げを複数計画していますが、どのような事業においてもPR活動はかかせません。CDNを利用することでWebサイトダウンの不安は払しょくできることがわかったので、新しく立ち上げるサイトへもCDNextの導入を検討し、今後はさらに積極的なPR活動を行っていきたいと思います。

SSL・動的コンテンツ対応の次世代CDNサービス
「J-Stream CDNext(シーディーネクスト)」

CDNextは、Jストリームが独自に構築した国産CDN(Content Delivery Network)です。インターネットで大量のコンテンツを配信するために最適化したネットワークを活用し、Webサイトの表示遅延やサイトダウンを防止します。
また、お客様の配信規模・内容に応じて、柔軟な配信制御が可能な管理コンソールと、日本企業ならではのお客様サポートを、お手頃な価格で提供します。

CDNextは、Jストリームが独自に構築した国産CDN(Content Delivery Network)です。インターネットバンズシティ様ではアクセス集中によるWebサイトダウン対策目的で導入いただきました。CDNext導入後は、アクセス集中が発生しても問題なく、安定的なWebサイト表示が実現できています。

Jストリームの
ソリューションに
興味をお持ちの方は
お気軽に
お問い合わせください。

登録無料!

Jストリームのサービスを活用した成功事例や、お客さまの課題解決につながるお役立ち情報などをメールでお届けしています。

メールマガジン登録