J-Stream CDNext

SNS向けプラン

SNSを利用したプロモーション実施時の「アクセス集中」や「費用リスク」を回避

企業のマーケティング活動で、今やSNSの活用は欠かせないものとなっています。
その一方で、例えばLINE公式アカウントにて「Push通知」を実施した際に、ランディングページへのアクセス集中によりユーザーがコンテンツを視聴できなくなるなど、トラフィック対策の不足により多額の費用を投入したキャンペーンが失敗に終わるケースも散見されます。

事前にトラフィックが予測しにくいSNSの特性に対応し、「友だち登録数」ベースの料金体系で提供するCDNサービスがJ-Stream CDNextの『SNS向けプラン』です。

SNS向けプランは、事前にCDN費用を固定可能なシンプルな料金体系のため、予想を超えるアクセスが発生した場合もアクセス集中だけでなく超過トラフィックに伴う費用リスクの回避が可能です。

事例

  • 株式会社ハーバー研究所 様
  • 株式会社ハーバー研究所 様

    LINEを利用したプロモーションのアクセス集中対策でCDNextを導入
    友だち登録数1,800万人超となった現在も安定した負荷分散を実現

    化粧品や栄養補助食品の開発、製造、販売を行うハーバー研究所様は、オンラインでのプロモーションのひとつとしてLINEを利用した施策を実施されていました。

    LINE公式アカウントを開設した当初は、自社オンラインショップへダイレクトにアクセスさせていましたが、1年ほど経過したところで友だち登録数が大きく増加。今後も友だち登録数が増えていくことを考えるとLINEからのアクセスでサイトがダウンしてしまう等の影響が懸念されたため、アクセス集中対策としてCDNextを導入いただきました。

    現在(2018年8月時点)、 LINE公式アカウント開設5年目を迎え、友だち登録数は1,800万人を超えていますが、アクセス負荷によるオンラインショップへの影響を気にすることなく、継続して積極的にLINEでのプロモーションを実施されています。

料金

SNS向けプラン

●「友だち登録数」でCDN費用を固定可能なシンプルな料金体系

●料金体系以外のサービス品質は他のプランと同一です

アカウント発行費 ¥50,000
月額費 ¥40,000(友だち登録数100万人以下の場合)
¥50,000(友だち登録数500万人以下の場合)
¥100,000(友だち登録数1,000万人以下の場合)

*3ヶ月未満の契約期間、月間4回以上のプッシュ通知実施、LINE以外のSNS利用の場合は別途ご相談ください。

*ストレージの容量費は都度御見積もりとなります。

PageTop
PageTop メルマガ購読申し込み