RPAを利用し多量の動画登録を代行するYouTube登録代行サービスを提供開始

2019年1月21日

株式会社Jストリーム

株式会社Jストリーム(マザーズ:4308 代表取締役社長:石松 俊雄、以下Jストリーム)は、ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation、RPA)を利用して、YouTubeで配信する動画をミス無く低価格で登録・運用できる、YouTube動画登録代行サービスを提供開始しました。

■YouTube動画登録代行サービスについて

多数の企業がYouTubeを広告・宣伝、販売促進や広報目的に利用しており、大量の動画が日々アップロードされています。しかし企業がYouTubeチャンネルを運用し、投稿を行う際には、動画タイトルや公開設定などの基本設定に加え、カテゴリ、Call-to-Action オーバーレイ、見出し等の詳細設定を登録するなど、多くの手間を必要とします。これには相当の時間を要するばかりでなく、ヒューマンエラーを誘発する可能性もあり、ブランド価値の毀損や権利上の問題を引き起こしかねません。

Jストリームの提供するYouTube動画登録代行サービスでは、アップロードの定例作業をRPAソフトに置き換えることで、ミスのない作業と時間の短縮を実現します。JストリームのRPAソリューションを利用いただくため、自社環境へのRPA導入は不要です。

■サービス利用の流れ

お客様の運用内容をお伺いし、お客様毎のRPAシナリオをご用意いたします。以降は、素材となる動画と登録用ファイルの入稿受付後、翌営業日には登録した動画のYouTube URLが納品されます。

動画登録に必要なデータはエクセルシートで作成いただきますが、専用のWeb入力フォームを利用することで動画とメタ情報の入稿を一元化して行うこともできます。入力項目には制限をかけることができ、メタ情報の入力ミスを防ぐことができます。

サービス紹介ページ:https://www.stream.co.jp/service/creative/rpa_youtube/

■サービス料金

初回プログラムカスタマイズ 15万円
動画登録費用 7.5万円/月(30本まで) 

■株式会社Jストリームについて

Jストリームは1997年の設立以来、動画配信を主軸に事業展開を続けております。
自社で保有・運営する独自のコンテンツ配信ネットワーク(CDN)を活用した動画配信に加え、これまで積み上げてきたノウハウを活かした動画の企画・制作・運用やWebサイト制作、システム開発、動画広告による収益化支援まで総合的なサービスとソリューションを提供することで、あらゆる企業活動における動画の活用を支援しています。

社名(商号) 株式会社Jストリーム(英文:J-Stream Inc.)
証券コード 4308(東証マザーズ上場)
設立 1997年5月
資本金 21億8,237万円(2018年9月末現在)
代表者 代表取締役社長 石松 俊雄(いしまつ としお)
事業内容 (1)ネットワークシステムにおける、動画データ及び各種情報の提供サービス業 (2)ネットワークシステムを利用した会員情報管理、商取引、決済処理に関する受託業 (3)デジタルコンテンツ、出版物の企画・制作・販売及び賃貸業 (4)ネットワークシステムに関するハードウェア・ソフトウェア・付帯サービスの企画、開発、運営、制作、販売、輸出入・賃貸及び代理店業 (5)広告・宣伝に関する企画・制作及び代理店業 (6)1から5に関連するコンサルテーション、調査、分析、研究等
URL www.stream.co.jp/
本社 〒105-0014
東京都港区芝2-5-6 芝256スクエアビル6階
(TEL)03-5765-7000(FAX)03-5765-3520
西日本営業所 〒530-0003
大阪府大阪市北区堂島2-4-27 新藤田ビル5階
(TEL)06-4796-6160(FAX)06-4796-6166
■本件に関するお問合わせ先
株式会社Jストリーム 管理本部 総務部 広報IR課 担当:常冨
TEL: 03-5765-7744  Webからのお問い合わせはこちら

(ご覧頂くにはAdobe Acrobat Readerが必要です。)

電話でのお問い合わせは

0120-65-8140

TEL03-5765-7000

(受付時間:平日9:30-18:30)

電話でのお問い合わせは
0120-65-8140