財務省税関研修所 様

新入職員研修に動画eラーニングを活用。自習型オンライン研修で職務知識の習得を実現

財務省税関研修所様
財務省税関研修所様は、税関行政に従事する新規採用職員向けの研修に、動画eラーニングサービス「J-Stream ミテシル」を採用し、体系立てられた研修動画配信と細やかな視聴状況の把握により、遠隔でありながらもしっかりとした研修環境を構築されています。

※ミテシルは経済産業省「未来の教室」に掲載されています
https://www.learning-innovation.go.jp/

業種
官公庁・公共サービス
ご利用サービス
J-Stream ミテシル
課題
動画による教育・研修・情報共有

実施成果・導入効果

  • 通信速度・端末が異なる受講環境でも確実な視聴とセキュリティを担保

  • 教育課程に沿って配信スケジュールを編成し、個人別ログ参照による細やかなフォローでスムーズな学習を実現

  • 必要な機能を網羅した「動画eラーニングASP」の採用により、1か月未満の短期間で環境を構築

  • 自習型でありながらもフォローは細やかに

    税関職員の業務は、輸出入貨物や出入国する旅行者の検査、通関手続きや密輸の取り締まりまで多岐にわたり、座学だけでも14科目・約60コマの教育課程が組まれています。

    新型コロナウイルスの影響で従来の集合研修が行えなかったが、新規採用職員に対し、可能な限りしっかりと研修を行うために、理解しやすく、且つ履修状況の把握ができる動画eラーニングを選択されました。

    受講環境が様々な全国の職員が対象となるため、オンデマンドストリーミング配信を用いて確実な視聴とセキュリティを担保。迷わず視聴できるよう配信スケジュールを編成、自習型の研修ではありながらも、個人別の視聴ログを参照し、遅れがある場合には個別にフォローを行うことで、オンラインであっても十分な職務知識の習得を実現されています。

  • お客様の声

    税関研修所では初めて動画eラーニングを導入し、2020年度は変革の年となりました。ミテシルは多機能で扱いやすく、容量にゆとりがあるのが良いですね。
    今回の経験で遠隔でも知識の付与は可能だと確信を持ちましたし、受講者からは繰り返し視聴できるのが良いとの声がありました。今後はケースによってはライブを使うなど、動画eラーニングの活用をさらに進めていきたいと考えています。

    財務省税関研修所 研修・​研究部 教務課 教務第1係 係長 高柳 圭太 様

    財務省税関研修所
    研修・​研究部 教務課 教務第1係
    係長 高柳 圭太 様 ​

  • J-Stream ミテシル

    教育・研修を正しく理解し知識の定着を促す機能・仕組みをオールインワンで備えた動画eラーニングASPです。

PageTop
PageTop メルマガ購読申し込み