フジテレビの動画配信サービス「FOD」にJストリームが提供する「マルチCDN」サービスが採用

2018年9月18日

株式会社Jストリーム

株式会社Jストリーム(マザーズ:4308 代表取締役社長:石松 俊雄、以下Jストリーム)が提供する「マルチCDN」サービスが、株式会社フジテレビジョン(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮内正喜、以下フジテレビ)の動画配信サービス「FOD」に導入されたことをお知らせいたします。
「マルチCDN」サービスを利用することで、複数のCDNを利用し、高速かつ安定した動画配信を実現します。

■サービス導入にあたっての背景

Jストリームは、フジテレビが運営する動画配信サービス「FOD」の運用支援を2011年から実施しております。
放送中の番組を広告付きで無料配信するキャッチアップサービス「FOD見逃し無料」のシステム開発から、20万冊以上のラインナップを取りそろえる電子書籍のWebサイト運用まで幅広く担当してまいりました。
また、近年ではApple TV、Fire TV、Android TVのテレビ端末を含むマルチデバイス化を強化しております。それに伴い今後、更なる視聴ユーザーの拡大と配信映像の高品質化が予想されるため、今回、動画配信の安定性、品質向上を目的として、マルチCDNの導入に至りました。

■JストリームのマルチCDNサービスについて

CDN(Content Delivery Network)は、デジタルコンテンツ配信の高速化・安定化を実現するサービスとして既に一般化していますが、近年は複数のCDNを利用した「マルチCDN」サービスが、米国の大手メディアで普及しています。
Jストリームは、米国Cedexis社が提供するマルチCDNサービスの提供を行っており、コンテンツの配信状況を可視化・モニタリングし、契約する複数のCDNの中から最適なCDNを自動で選択する仕組みにより、膨大なアクセスが集中した際も特定のCDNに依存することなく安定的なコンテンツ配信を可能にします。

「Cedexis」サービス詳細:www.stream.co.jp/service/cdn/cedexis/

Jストリームは、放送のネット同時再送信を見据え、安定した大規模配信を実現する動画視聴環境の提供を進めてまいります。

■株式会社Jストリームについて

Jストリームは1997年の設立以来、動画配信を主軸に事業展開を続けております。
自社で保有・運営する独自のコンテンツ配信ネットワーク(CDN)を活用した動画配信に加え、これまで積み上げてきたノウハウを活かした動画の企画・制作・運用やWebサイト制作、システム開発、動画広告による収益化支援まで総合的なサービスとソリューションを提供することで、あらゆる企業活動における動画の活用を支援しています。

社名(商号) 株式会社Jストリーム(英文:J-Stream Inc.)
証券コード 4308(東証マザーズ上場)
設立 1997年5月
資本金 21億8,237万円(2018年6月末現在)
代表者 代表取締役社長 石松 俊雄(いしまつ としお)
事業内容 (1)ネットワークシステムにおける、動画データ及び各種情報の提供サービス業 (2)ネットワークシステムを利用した会員情報管理、商取引、決済処理に関する受託業 (3)デジタルコンテンツ、出版物の企画・制作・販売及び賃貸業 (4)ネットワークシステムに関するハードウェア・ソフトウェア・付帯サービスの企画、開発、運営、制作、販売、輸出入・賃貸及び代理店業 (5)広告・宣伝に関する企画・制作及び代理店業 (6)1から5に関連するコンサルテーション、調査、分析、研究等
URL www.stream.co.jp/
本社 〒105-0014
東京都港区芝2-5-6 芝256スクエアビル6階
(TEL)03-5765-7000(FAX)03-5765-3520
西日本営業所 〒530-0003
大阪府大阪市北区堂島2-4-27 新藤田ビル5階
(TEL)06-4796-6160(FAX)06-4796-6166
■本件に関するお問合わせ先
株式会社Jストリーム 管理本部 総務部 広報IR課 担当:常冨
TEL: 03-5765-7744  Webからのお問い合わせはこちら

(ご覧頂くにはAdobe Acrobat Readerが必要です。)

電話でのお問い合わせは

0120-65-8140

TEL03-5765-7000

(受付時間:平日9:30-18:30)

電話でのお問い合わせは
0120-65-8140