Jストリームは、早稲田大学のオンデマンド授業における動画配信をサポート ~大規模なオンデマンド授業運営を支えるセキュアで安定した配信インフラを提供~

2012年4月4日

株式会社Jストリーム

 
株式会社Jストリーム(マザーズ:4308 代表取締役会長兼社長:白石 清、以下Jストリーム)は、学校法人早稲田大学(本部:東京都新宿区、総長:鎌田 薫、以下早稲田大学)の運営するeラーニングシステムにおいて、動画配信を担当しますので、お知らせいたします。

早稲田大学のオンデマンド授業における動画配信について
早稲田大学では、1999年頃からインターネット動画配信を活用した「オンデマンド授業」を導入しています。2003年には人間科学部にオンデマンド授業で全ての単位を取得できる「eスクール」を開設し、現在では年間約1,000科目でオンデマンド授業が行われています(eスクール約500科目、その他約500科目、対面授業との併用含む)が、授業動画の配信においては様々な課題を抱えていました。具体的には、特定のOSやブラウザでしか視聴できない点、視聴のためにプラグインのインストールが必要な点、科目数、履修者数の拡大に伴う配信インフラの圧迫、コンテンツの高画質化への対応などがあげられます。これらの課題を解消することにより利用者にとっての使いやすさを追求するとともに、一方ではコンテンツの保存や複製を防ぎ、著作権を保護するための対応が必要とされ、利便性とセキュリティの向上を両立させることが求められていました。

早稲田大学ではこれらの課題に対応するため、Jストリームの動画配信インフラと、コンテンツ保護サービス「SecureCast Pro」が採用されました。Jストリームの動画配信インフラは、高品質で快適な動画配信サービスを提供するために、国内主要大手ISP・IDCおよび中小規模ISPまでを網羅した、CDN(Content Delivery Network)を構築しています。CDNでは、広域負荷分散システムが実装されており、エンドユーザー(視聴者)にもっとも近く、もっとも安定している配信サーバー・配信経路を自動的に選択して動画配信を行います。また同大学のeラーニングシステムと「SecureCast Pro」を連携させ、セキュアな配信を実現させています。「SecureCast Pro」は、Windows Media DRMに加えてSilverlight DRMにも対応し、幅広いOS・ブラウザ利用者へ安全に動画コンテンツを配信できるようになっています。これら両ソリューションは、ASPで提供していますので、今後ユーザーが増加した際も、柔軟に対応することが可能です。

Jストリームでは、今後も動画を活用した情報発信を様々なソリューションを通じサポートして参ります。

早稲田大学公式サイトはこちら
 http://www.waseda.jp/top/index-j.html

Jストリーム「SecureCast Pro」ご紹介ページ
 http://www.jstream.jp/service/delivery/secure/securecastpro/

■株式会社Jストリームについて

 社名(商号)株式会社Jストリーム
 英文社名J-Stream Inc.
 設立1997年5月
 資本金21億8,237万円(2011年12月末現在)
 代表者代表取締役会長兼社長 白石 清(しらいし きよし)
 本社〒105-0014
東京都港区芝2-5-6 芝256スクエアビル6階
(TEL) 03-5765-7000
 西日本営業所〒530-0003
大阪府大阪市北区堂島2-1-31 京阪堂島ビル5F        
(TEL)
06-4796-6160
 URLhttps://www.stream.co.jp
 事業内容(1)インターネットを利用した画像データ・音声データの提供サービス業
(2)インターネットを利用した会員情報管理、商取引、決済処理に関する業務の受託
(3)テレビ番組、音声・映像ソフト等のデジタルコンテンツ、出版物の企画・制作及び販売業
(4)コンピュータに関するハードウェア・ソフトウェアの開発・販売
(5)インターネットを利用した各種情報提供サービス業
(6)インターネットに関する技術指導・コンサルテーション
(7)広告代理店業
 
■本件に関する報道関係お問合わせ先
株式会社 Jストリーム 管理本部 総務部 広報IR課 担当:常冨
tel: 03-5765-7744 
 

(ご覧頂くにはAdobe Acrobat Readerが必要です。)

電話でのお問い合わせは

0120-65-8140

TEL03-5765-7000

(受付時間:平日9:30-18:30)

電話でのお問い合わせは
0120-65-8140