株式会社エム・イー・シー 様

自社Webサービスのセキュリティ対策としてImperva Incapsulaを導入。海外からの不審なアクセスの削減に成功

エム・イー・シー様は、企業向けのシステム開発を軸に、自社開発のパッケージ製品やクラウドサービスなどのITサービスを提供されています。その中で自社運営している『選挙管理クラウド「i-Vote」』、『運送管理クラウド「ここる」』の2サービスについてはエンドユーザーへの安心安全なサービス提供のため、セキュリティ対策強化の必要性を強く感じていました。検討の結果、最も効果的な対策方法はWAF(Web Application Firewall)の導入だという結論に至り、他社サービスとの比較の上、Imperva Incapsulaの導入につながっています。
Imperva Incapsulaの導入で、海外からの不審なアクセスを自動的に排除することに成功するとともに、標準装備のCDN機能により、Webサイトの表示速度が上がるなど副次的な効果も実感されています。

「IPレピュテーション機能により、特別な設定を行わなくても不審なアクセスが減ったことには驚きました」

  • 株式会社エム・イー・シー
  • ソリューション事業部
  • 小林 良太郎 様

  • SIサービス事業部
  • 齋藤 良騎 様
  • 不審なアクセスの激減で導入効果を実感

    国内向けのサービスにも関わらず、海外からのアクセスが多いことが気になっていました。Imperva Incapsulaを導入したところ、特別な設定を行っていないにも関わらず、不審なアクセスが激減したことには驚いたと共に、早速導入効果が実感できました。

  • 特にコストメリットが導入の決め手

    豊富な機能、信頼のおけるPCI Level1サービス・プロバイダであること、DDoS対策、CDN機能を標準装備など、他社サービスと比較して良い点は様々ありますが、95パーセンタイルで費用を算出し、コストメリットが高い点が特に導入の決め手となりました。

  • セキュリティ対策を外部でアピール

    個人情報を扱うサービスのため、利用を検討されているお客様からは「セキュリティは大丈夫なのか?」などの質問をいただくことも多かったのですが、「WAFを導入しており、このような脅威に対応できています」と客観性をもって説明できる環境が整いました。

電話でのお問い合わせは

0120-65-8140

TEL03-5765-7000

(受付時間:平日9:30-18:30)

電話でのお問い合わせは
0120-65-8140