medパス連携

Web講演会 ×「医療関係者の共通ID」

1つのID/パスワードで様々な医療系サービスを利用できる「medパス」と連携することで、medパス連携で実施するWeb講演会では、medパスアカウントを取得されている医師はそのアカウントでログイン可能となります。

パソコンで作業する医師

medパス連携とは

Jストリームがシステム提供を行う医療系Web講演会にmedパスを連携することで、medパスアカウントを取得している医師の方は、そのアカウントでログインして視聴することが可能になります。
Web公演会を視聴する医師の方の手間を減らすことができ、またWeb講演会の主催者には、クローズド配信の実施と視聴ログの取得を初期コストを抑えて実現できるというメリットがあります。

medパスロゴ

medパスとは

OpenIDという標準的な認証の仕組みを利用した、医療関係者用共通IDです。 medパスアカウントを取得することで、製薬をはじめとした企業・医療系団体19社が運営するさまざまな医療関係者向けサイトに、シングルサインオンで簡単にログインできます。 複数のサービスを一つのIDで利用できるので、登録や認証の手間が省け、医療関係者と企業間で効率的かつ安全に情報のやりとりを行えます。 2016年10月のサービス開始以来、約14万人の医師が利用しています。
※2019年9月現在

medパス連携のメリット

セキュリティアカウントのイメージアイコン

Medパスアカウント

medパスアカウントを取得している医師の方は、Web講演会を視聴する際にそのアカウントでログインできます。
またアカウントを新規取得した場合、次回以降はログインのみでWeb講演会を視聴できるほか、そのアカウントで対象となる医療関係者向けサイトを利用できるようになります。

視聴ログのアイコン

視聴ログ(DCFコード付与)

Jストリームから提供する個人視聴ログに加え、オプションで医師コード(DCFコード)を付与した視聴ログを提供することが可能です。

低コストのイメージアイコン

低コスト

配信用のクローズドサイトを新たに制作する必要がなく、Web講演会開催にかかる初期コストを抑えることができます。

medパス連携イメージ

Web講演会を視聴する医師の方は、まずmedパスのWebサイトでログイン認証・新規アカウント登録を行います。ログインが完了するとJストリームの提供するWeb講演会視聴ページへ自動で遷移します。

medパスの連携フローの図

オプション

医師コード付与のフロー図

医師コード(DCFコード)付与

Jストリームから提供する個人視聴ログのみで個人特定も可能ですが、医師コード(DCFコード)と紐付けることで、より視聴ログの確実性を高めることができます。

  • 医師コード(DCFコード)オプションを利用の際は、別途ご契約書を交わす必要があります。
リマインドメールの図

リマインドメールの送信

Web講演会開催の事前タイミングで、当該Web講演会サイトにmedパスでログインした医師に向けて開催案内メールを送信することで、Web講演会開催のリマインドを行うことで視聴を促すことができます。

Jストリームの
ソリューションに
興味をお持ちの方は
お気軽に
お問い合わせください。

登録無料!

Jストリームのサービスを活用した成功事例や、お客さまの課題解決につながるお役立ち情報などをメールでお届けしています。

メールマガジン登録

CLOSE