Jストリームによる女性技術者育成支援のお知らせ
~ 一般社団法人Waffleの活動を通じた支援について ~

2021年3月31日

株式会社Jストリーム

株式会社Jストリーム(マザーズ:4308 代表取締役社長:石松 俊雄、以下Jストリーム)はこの度、女子中高生向けにコーディングコースを運営する一般社団法人Waffle(東京都渋谷区 代表:田中 沙弥果、以下Waffle)へ寄付をいたしましたのでお知らせいたします。

■寄付の内容と背景

技術者は、性別を問わず、IT業界全体、そして当社においても慢性的に不足しています。その育成は、当社事業、並びに産業全体の発展において、非常に重要な課題であると認識しています。中でも女性技術者については、日本では要因に諸説あるものの、先進国の中でも少ない現状があり、当社においてもその他の職種に比べて在籍比率は低くなっています。

その様な中で、Waffleは、「プログラマーはこうでなくてはならない」「女の子は理系科目は苦手」といったステレオタイプを取り除き、IT・STEM(Science, Technology, Engineering and Mathematics)分野で世界に羽ばたく女性を増やすため、女子中高生向けのアプリコンテストの実施や、イベントなど様々な活動を実施しています。将来グローバルな舞台で活躍することを見据え、女子高生がITへの興味関心を持ち、コーディングなどのハードスキルだけでなく、積極性やアピールなどのソフトスキルも身に着けられるよう、テクノロジー分野で活躍するための総合的支援を行っています。2019年法人化と、活動はまだ本格化したばかりではありますが、のべ世界100ヶ国、23,000人が参加する世界的な女子中高生向けアプリコンテスト「Technovation Girls」の日本パートナーを務めるほか、様々な政策提言を実施しており今後の活動が期待される団体です。

Jストリームではこうした女性活躍支援活動の趣旨と意義の、当社の想いと通ずる点に賛同し、80万円の寄付を実施いたしました。今後もこの領域での当社の活動の可能性を追求してまいります。

■株式会社Jストリームについて

Jストリームは1997年の設立以来、動画配信を主軸に事業展開を続けております。
自社で保有・運営する独自のコンテンツ配信ネットワーク(CDN)を活用した動画配信に加え、これまで積み上げてきたノウハウを活かした動画の企画・制作・運用やWebサイト制作、システム開発、動画広告による収益化支援まで総合的なサービスとソリューションを提供することで、あらゆる企業活動における動画の活用を支援しています。

社名(商号) 株式会社Jストリーム(英文:J-Stream Inc.)
証券コード 4308(東証マザーズ)
設立 1997年5月
資本金 21億8,237万円(2020年12月末現在)
代表者 代表取締役社長 石松 俊雄(いしまつ としお)
事業内容 (1)ネットワークシステムにおける、動画データ及び各種情報の提供サービス業 (2)ネットワークシステムを利用した会員情報管理、商取引、決済処理に関する受託業 (3)デジタルコンテンツ、出版物の企画・制作・販売及び賃貸業 (4)ネットワークシステムに関するハードウェア・ソフトウェア・付帯サービスの企画、開発、運営、制作、販売、輸出入・賃貸及び代理店業 (5)広告・宣伝に関する企画・制作及び代理店業 (6)1から5に関連するコンサルテーション、調査、分析、研究等
URL www.stream.co.jp/
本社 〒105-0014
東京都港区芝2-5-6 芝256スクエアビル6階
(TEL)03-5765-7000(FAX)03-5765-3520
西日本営業所 〒530-0003
大阪府大阪市北区堂島2-4-27 新藤田ビル5階
(TEL)06-4796-6160(FAX)06-4796-6166
■本件に関するお問合わせ先
株式会社Jストリーム 管理本部 法務・広報部 担当:常冨
TEL: 03-5765-7744  Webからのお問い合わせはこちら

(ご覧頂くにはAdobe Acrobat Readerが必要です。)

PageTop
PageTop