Jストリーム、ハイブリッドキャスト対応テレビ上のVODサービスにおけるデジタル著作権管理(DRM)機能検証環境を無償提供

2015年3月26日

株式会社Jストリーム

 
株式会社Jストリーム(マザーズ:4308 代表取締役社長:石松 俊雄、以下Jストリーム)は、IPTVや次世代スマートテレビ向けの技術方式策定を行う一般社団法人 IPTVフォーラム(以下IPTVフォーラム)に協力し、ハイブリッドキャスト運用規定に準拠したサービスや端末の開発を支援するためのテスト環境において、デジタル著作権管理(DRM)方式の一つであるPlayReady®サービスのテストサーバーを構築し、ハイブリッドキャスト対応テレビでVideo on Demand(VOD)サービスの実施を検討しているIPTVフォーラム会員社に対し、無償で提供を開始したことをお知らせいたします。

※IPTVフォーラムが策定したハイブリッドキャスト運用規定についてはこちらをご覧ください。
 http://www.iptvforum.jp/info/2014/12191501.html

■デジタル著作権管理(DRM)とPlayReady®サービスについて
DRMとは、映像や音楽などのデジタルコンテンツを暗号化し、そのコンテンツの対価を支払ったユーザーや機器のみ再生可能にする著作権保護技術です。そのDRMの一つにマイクロソフト社が提供するPlayReady®があり、Jストリームではマイクロソフト社が提供を開始した当初より、PCやスマートフォン向けにPlayReady®に対応したサービスを提供して参りました。その技術とノウハウを活かし、今後はハイブリッドキャスト対応テレビにおいてもPlayReady®サービスを展開して参ります。
<関連サービス>
SecureCast Pro:現在稼動中の課金・決済などに影響を与えずにコンテンツ保護を実現
 http://www.jstream.jp/service/app/securecastpro/

■Jストリームがテスト環境を提供した経緯について
Jストリームは1997年の設立以来、動画配信を主軸として事業展開を続けております。独自の配信ネットワークを活用した動画配信のみならず、これまで積み上げてきたノウハウを活かした動画の企画・制作・運用から、Webサイト制作、システム開発まで、総合的なサービスとソリューションを提供し、企業のマーケティングやコンテンツビジネスなどを支援しております。
当社は2008年度からIPTVフォーラムに参画しており、IPTVサービス及び次世代スマートテレビサービスの実現・普及に貢献して参りました。また、これまで培ってきたPlayReady®サービスに関する技術やノウハウも評価され、今回テスト環境を提供する運びとなりました。今回のテスト環境の提供により、今後ハイブリッドキャスト対応テレビにおいてVODによるデジタルコンテンツの収益化を検討されている放送事業者やVODサービス事業者等は、事前の検証により著作権の管理に不安なくサービスを開始していただけます。

 

■株式会社Jストリームについて

 社名(商号)株式会社Jストリーム
 英文社名J-Stream Inc.
 設立1997年5月
 資本金21億8,237万円(2014年12月末現在)
 代表者代表取締役社長 石松 俊雄(いしまつ としお)
 本社〒105-0014
東京都港区芝2-5-6 芝256スクエアビル6階
(TEL) 03-5765-7000
 西日本営業所〒530-0003
大阪府大阪市北区堂島2-1-31 京阪堂島ビル5F        
(TEL)
06-4796-6160
 URLhttps://www.stream.co.jp
 事業内容(1)インターネットを利用した動画・画像・音声データの提供サービス業
(2)インターネットを利用した会員情報管理、商取引、決済処理に関する業務の受託
(3)テレビ番組、音声・映像ソフト等のデジタルコンテンツ、出版物の企画・制作及び販売業
(4)コンピュータに関するハードウェア・ソフトウェアの開発・販売
(5)インターネットを利用した各種情報提供サービス業
(6)インターネットに関する技術指導・コンサルテーション
(7)広告代理店業
 
■本件に関するお問合わせ先
株式会社Jストリーム 管理本部 総務部 広報IR課 担当:常冨
TEL: 03-5765-7744  Webからのお問い合わせはこちら
 

(ご覧頂くにはAdobe Acrobat Readerが必要です。)

電話でのお問い合わせは

0120-65-8140

TEL03-5765-7000

(受付時間:平日9:30-18:30)

電話でのお問い合わせは
0120-65-8140