『J-Stream Equipmedia』にライブ配信機能を追加した『EQ Liveエディション』、第一弾案件として曹洞宗「梅花流全国奉詠大会」のライブ配信を実施

2014年6月5日

株式会社Jストリーム

 
株式会社Jストリーム(代表取締役会長兼社長:白石 清、以下Jストリーム)は、動画配信プラットフォーム『J-Stream Equipmedia』にライブ配信機能を追加した『EQ Liveエディション』の第一弾案件として、曹洞宗(管長:江川 辰三)が5月28日・29日に開催した「梅花流全国奉詠大会」のライブ配信及び収録映像のオンデマンド配信を実施しましたことをお知らせいたします。

「梅花流全国奉詠大会」でのライブ配信について
「梅花流全国奉詠大会」は、曹洞宗が1年に1回開催している、梅花流のお唱えの成果を地域ごとに発表する全国大会です。今年は5月28日・29日に島根県出雲市で開催され、2日間で約1万人の方々が集いました。
今回、「梅花流全国奉詠大会」のライブ配信及び収録映像のオンデマンド配信に『EQ Liveエディション』が採用されました。

「梅花流全国奉詠大会」公式サイト
 http://www.sotozen-net.or.jp/baika/taikai

今回採用された『EQ Liveエディション』について
『EQ Liveエディション』は、当社の動画配信プラットフォーム『J-Stream Equipmedia(EQ)』にライブ配信機能を追加した新たなエディションです。ユーザー自身がライブ映像の配信を手軽に実施できるだけでなく、ライブ収録した映像をオンデマンド配信することも可能です。また、配信からコンテンツ管理まで、動画配信に関わる全てのワークフローをEQのプラットフォーム内で一元管理できるため、一般企業における社内教育・情報共有や顧客向けクローズドセミナー、学習塾や予備校におけるオンライン授業などのライブ配信に最適です。

今回の案件では、ライブ収録した映像を配信する際に、一般的な動画共有サイトと異なり自社サイト内で配信することができる点と、広告が表示されない点が評価され採用となりました。

『J-Stream Equipmedia(EQ)』について
EQは、ビジネスシーンでの動画活用を手軽に始められる動画プラットフォーム(ASPサービス)です。低価格でありながら動画配信に関する基本的な機能を備えており、国内で約500社(※)がすでに導入しています。EQには随時顧客ニーズや市場変化に対応した新機能が追加されており、国内のビジネス環境に即した動画配信プラットフォームとしての進化を今後も続ける計画です。
(※)2014年5月現在

『J-Stream Equipmedia』 サービス詳細
 http://www.jstream.jp/service/delivery/equipmedia/



■株式会社Jストリームについて

 社名(商号)株式会社Jストリーム
 英文社名J-Stream Inc.
 設立1997年5月
 資本金21億8,237万円(2014年3月末現在)
 代表者代表取締役会長兼社長 白石 清(しらいし きよし)
 本社〒105-0014
東京都港区芝2-5-6 芝256スクエアビル6階
(TEL) 03-5765-7000
 西日本営業所〒530-0003
大阪府大阪市北区堂島2-1-31 京阪堂島ビル5F        
(TEL)
06-4796-6160
 URLhttps://www.stream.co.jp
 事業内容(1)インターネットを利用した動画・画像・音声データの提供サービス業
(2)インターネットを利用した会員情報管理、商取引、決済処理に関する業務の受託
(3)テレビ番組、音声・映像ソフト等のデジタルコンテンツ、出版物の企画・制作及び販売業
(4)コンピュータに関するハードウェア・ソフトウェアの開発・販売
(5)インターネットを利用した各種情報提供サービス業
(6)インターネットに関する技術指導・コンサルテーション
(7)広告代理店業
 
■本件に関するお問合わせ先
株式会社Jストリーム 管理本部 総務部 広報IR課 担当:常冨
TEL: 03-5765-7744 
 

(ご覧頂くにはAdobe Acrobat Readerが必要です。)

電話でのお問い合わせは

0120-65-8140

TEL03-5765-7000

(受付時間:平日9:30-18:30)

電話でのお問い合わせは
0120-65-8140