ライブ配信のリスク低減・少人数運用に有効
疑似ライブ 検討時に知っておくべき5つのポイント ダウンロードのご案内

2021.09.21

ノウハウ

ライブ配信のリスク低減や少人数運用に有効な「疑似ライブ」その検討時に知っておくべき5つのポイントや、当社お客様の事例を紹介した資料です。

〇 ページ数:11 ファイル形式:PDF

ライブ配信は生放送であるがゆえにプレッシャーやトラブルリスクが切り離せません。また、配信内容によっては機材準備・オペレーションや進行管理といった本番配信の負担も小さくありません。
こういった課題解消を目的に、収録済み動画を指定時間にライブ配信する「疑似ライブ」の活用が進んでいます。

疑似ライブはすでにライブ配信を実施中の企業様はもちろん、これからライブ配信に取り組まれたい場合にもおすすめです。ライブ配信のリスク低減や少人数運用を目指されている方はぜひダウンロードして活用ください。

※本冊子は無料でダウンロードいただけます。
※同業他社の方のお申込みはご遠慮いただいております。

目次

1. ライブ配信の「リスク低減」「少人数運用」を可能にする疑似ライブ

2. 疑似ライブでも「ライブ配信と遜色のない視聴」が期待できる

3. より低リスク・少人数での配信には「疑似ライブ機能付き動画配信プラットフォーム」を使用

4. 疑似ライブ用の動画は社内で制作できる

5. 身近なツールを使って簡単にできる「プレゼン動画」の制作方法

疑似ライブ活用事例 1~4

資料をダウンロードする

Jストリームの
ソリューションに
興味をお持ちの方は
お気軽に
お問い合わせください。

登録無料!

Jストリームのサービスを活用した成功事例や、お客さまの課題解決につながるお役立ち情報などをメールでお届けしています。

メールマガジン登録