動画による教育・研修・情報共有

動画を教育・研修や情報共有に活用することで、テキストや画像では表現しきれない情報をわかりやすく伝えられるという動画の特性を活かしてプログラムを実現することが可能となります。
当社の調査結果*でも、動画は「わかりやすく正確に情報を伝え、記憶に残る」コミュニケーションツールとして評価を受けていることが明らかとなりました。
Jストリームは、教育・研修や情報共有に関する多くの案件で得た経験や実績を通じて、動画による教育・研修・情報共有に関する課題解決をお手伝いいたします。

社内広報での動画活用

経営層からの訓示、部門や商品等の紹介、社内イベントなど、あらゆる社内広報に動画を活用することができます。
ただし、社外秘の情報を守るために部外者の視聴を制限することが必要となるため、動画配信プラットフォームとID/パスワード認証や社外ネットワークからのアクセス制限などを組み合わせます。動画共有サイトでこの仕組みを実現することは困難です。 また、動画を活用した社内ポータルサイトの構築や動画コンテンツの制作などトータルに動画活用をサポートいたします。担当ディレクターが、初期のプランニングから事後の効果検証までサポートすることで、ご担当者様の負担を最小限にしつつ、早期にサービスインを可能にします。

  • 課題ケース
    • 経営層の年初挨拶、社内会議などのイベントなどを、社内限定で一斉ライブ配信したい
    • 社内報や新商品導入などの動画を制作し、社内ネットワークおよびID/パスワード認証による社外ネットワーク経由に限定して全国の社員が視聴できるようにしたい
    • 社内ポータルサイトなどで、社内広報関連の動画をまとめて視聴可能にしたい
    • 動画を社内広報に活用したいが、社内に経験者がいないためどのようにしたらよいかわからない
    • 社内広報で動画を活用したいが、社内ネットワークやファイアウォールの帯域的な制約で動画配信ができない

動画による社員教育・技術伝承

社員教育や技術伝承のための動画活用について、企画段階からトータルにサポートいたします。
社員教育のための動画コンテンツの制作・配信や、セミナー等のライブ中継など、目的に応じて企画段階からトータルにお手伝いいたします。担当ディレクターが、初期のプランニングから事後の効果検証までサポートすることで、ご担当者様の負担を最小限にしつつ、早期にサービスインを可能にします。

  • 課題ケース
    • 社内のセールストークや技術スキルなどを動画化し、社内で共有したい
    • 社内向けセミナーをライブ配信で実施したい
    • 社内のほか販売代理店まで拡大して、動画を活用した教育を行いたい
    • 既存のDVD教材を、社内限定でオンライン配信したい
    • どの社員が、いつ・どの動画を・どれくらい視聴したか把握し、教育効果や進捗の検証を行いたい
    • eラーニングマネジメントシステム(LMS)と動画配信システムを連携させ、他の学習コンテンツとあわせて受講管理したい
    • 動画を社員教育・技術伝承に活用したいが、社内に経験者がいないためどのようにしたらよいかわからない
    • 複数拠点の回線やネットワーク機器設備投資が重い

社内情報共有での動画活用

スマートフォンでの動画撮影の普及とともに、カジュアルな情報共有の手段として動画が急速に普及しています。 社外秘の情報を守るためのセキュアな動画配信環境とあわせて、社内ポータルや業務システムと動画配信システムを連携させることで、社内の情報共有に動画を有効活用いただけます。 この分野における豊富な経験・ノウハウを活かして、企業内コミュニケーションの進化をお手伝いいたします。

  • 課題ケース
    • 社内ポータルを通じて、社員が撮影・アップロードした動画を共有したい
    • SFAシステム「Salesforce」内で動画を共有・管理したい
    • 社内SNS上で、社員が撮影した動画を共有したい
    • 動画を用いた、温度感のある社内情報共有により、社内コミュニケーションを活性化したい
    • 社長訓示ライブを全社に流したいが、全員が視聴するとネットワーク帯域が逼迫

各種学校・学習塾による授業・補習への動画活用

各種学校・学習塾の授業を撮影した動画を配信することで、さまざまな理由で教室に出席できない学生や受講者を効果的にフォローすることが可能となります。 部外者の視聴を制限するためには、動画配信プラットフォームとID/パスワード認証などを組み合わせて、学校ポータルWebサイトでもまとめて視聴可能にすることが一般的な手法です。 担当ディレクターが、初期のプランニングから事後の効果検証までサポートすることで、ご担当者様の負担を最小限にしつつ、早期にサービスインを可能にします。

  • 課題ケース
    • 動画のわかりやすさを活かして、授業の理解度を向上したい
    • 遠隔地等で教室に来ることができない受講者を獲得したい
    • 欠席者の手厚いフォローを行い、受講者レベルの底上げとロイヤルティ向上を図りたい
    • DVD配布のような煩雑でコストがかかる欠席者フォローを見直したい
    • 動画を一方的に見るだけでなく、受講者側から講師に質問したり受講者間でディスカッションを行うことで理解度を向上させたい
電話でのお問い合わせは

0120-65-8140

TEL03-5765-7000

(受付時間:平日9:30-18:30)

電話でのお問い合わせは
0120-65-8140