配信の高速化・サイト負荷対策

「ページが表示されるまでの時間が3秒を超えると50%以上のユーザーが離脱する」「表示が0.1秒遅れるごとに顧客満足度・コンバージョン率が下がる」など、定常的なサイトの表示速度のビジネスへの影響には有意な相関が確認されています。
また、SNS等のキャンペーンだけでなく、自社Webサイトがポータルサイトのトピックやテレビ番組で紹介されるなど、予期できない外的要因によって、アクセス集中は突発的かつ大規模に発生することがあります。
Jストリームは、大容量・大規模配信で培った技術を活かし、配信規模やアクセスの特性に柔軟に対応するサービス、ソリューションをご用意し、お客様に適した安定配信を実現します。

コンテンツ配信 高速化

Webコンテンツが量的に充実するほど、ユーザー側ではページが重くなり、場合によってはエラーを生じやすくなります。 こうしたユーザー体験は、マイナスなイメージとしてブランドイメージも毀損しかねません。また、検索エンジンの評価にも影響することで、SEO面でも不利となるとも考えられており、訪問者がストレスなくコンテンツに触れる環境を整えることはWebサイトのパフォーマンスを向上のために大変重要です。 CDN(コンテンツ配信ネットワーク)は、サイト訪問者のアクセスポイントに応じて国内外の最適な配信拠点から配信することで、配信高速化ソリューションとして機能します。

  • 課題ケース
    • キャンペーン動画を配信したいが、表示速度により離脱がないよう対策を行いたい
    • 自社ECサイトでセールを行いたいが、表示が遅く離脱者が多く売上にうまく結びつかない
    • 自社のサーバー設備などを増強せずに、配信性能を向上させたい

Webサイト アクセス負荷軽減

事前に計画されたキャンペーン告知、突発的かつ予期せぬアクセス集中時であっても、サイトダウンが起きてしまっては、せっかくのビジネスチャンスを逃すことになってしまいます。それだけではなく、お客様からの信頼やブランド価値に損失を与えることにも繋がりかねません。
Webサイト アクセス負荷軽減ソリューションは、このような事態を引き起こすことなく、チャンスを掴みビジネスを最大化できるようお客様の課題解決のお手伝いをいたします。

  • 課題ケース
    • TV番組で自社商品が紹介されてWebサイトがダウンし、アクセスできない状態が続いた
    • LINEなどSNSでのキャンペーン告知により、一度に大量のアクセスが予測されるが何か対策はあるか?
    • アプリのアップデートを行うため、ユーザーに大量のデータを配信する必要がある
電話でのお問い合わせは

0120-65-8140

TEL03-5765-7000

(受付時間:平日9:30-18:30)