JストリームBlog

J-Stream Blog

2018.09.20

Equipmedia機能紹介: 動画視聴解析
~カスタム解析変数を活用してユーザー軸で解析する~

2018.09.18 機能アップデート
動画視聴解析(Video Analytics)がライブ配信にも対応いたしました

こんな方におすすめ

・「誰が」という視聴ユーザー軸で視聴解析を行いたい方

・リードナーチャリングやリードクオリフィケーションの施策で、個々の見込客ごとの動画視聴状況を把握したい方

・動画を使った研修/学習サイトなどで、従業員や学生など個々の受講ユーザーの視聴状態を取得・評価したい方

・会員制の動画サイトで、各会員ユーザーの視聴傾向を分析したい方


今回紹介する機能
「動画視聴解析」

クリックで拡大表示


J-Stream Equipmediaの視聴解析機能Video Analyticsでは、お客様が任意の集計軸を追加して、視聴データを集計することができる「カスタム解析変数」機能を提供しています。今回は、この「カスタム変数解析」を活用してユーザー軸で視聴解析を行う方法を紹介します。

「誰が」「いつ」「何の動画を」「どれだけ視たか」視聴ユーザー軸で視聴解析を行う

会員サイトなどログインが必要なサイト内での動画配信において、ユーザーIDなどユーザー識別のキーとなる集計項目を「カスタム解析変数」に設定し、視聴ログと合わせて集計することで、「誰が」「いつ」「何の動画を」「どれだけ見たか」を知ることができます。

ユーザーIDをカスタム解析変数に紐づけ設定した場合のイメージ

この「カスタム解析変数」で集計したデータを、CRMなどの外部のデータデータと紐づけて分析すれば、さらに深いインサイトを得ることができます。

例えば、会員の視聴データと既存の購買情報などとあわせて分析することで、動画視聴の購買への貢献を分析することができます。

また、社内での活用として、社員に研修動画を視聴してもらい、この社員の視聴データと営業成績や社員情報を紐づけて分析することで、研修動画の視聴にどれほど効果があるのかを分析することができます。

今回は、「カスタム解析変数」に視聴者を識別するユーザーIDなどを設定した場合の活用方法を紹介しましたが、「カスタム解析変数」では、この他にも属性情報や位置情報など、ユーザー単位の解析だけでなく、目的に合わせて任意の集計単位を設定することで、設定した任意の単位を軸とした集計視聴データをみることができます。
ぜひ活用していただければと思います。


操作説明
https://support.eq.stream.co.jp/hc/ja/categories/115001419428
(Equipmediaカスタマーサイト 視聴解析(Video Analytics)利用マニュアル)

サービス紹介
https://www.stream.co.jp/service/platform/equipmedia/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連サービス

関連記事

電話でのお問い合わせは

0120-65-8140

TEL03-5765-7000

(受付時間:平日9:30-18:30)

電話でのお問い合わせは
0120-65-8140