メディア・エンターテイメント

メディア・エンターテイメント業界では、保有する動画コンテンツの活用や、デジタルコンテンツ販売・多様化する広告形態への対応などによる新たな収益化が期待されています。
具体的には、自社メディアやOTTサービスを通じたサブスクリプションや動画広告などによる収益化、ライツビジネスの一環としてのデジタルコンテンツを活用したサービスなどを実現することになります。その際はコンテンツ保護や会員情報・決済などに関するセキュリティ手段の選択・実装とともに、さまざまな機能の集合体であるサービス全体の安定的な提供が必須です。さらに、収益最大化のための継続的かつ綿密な運用レベルでの改善サイクルも必要です。
Jストリームはメディア・エンターテイメント業界における多くの案件実績を通じた経験やノウハウを活かし、このような課題解決をお手伝いいたします。

既存メディアへの動画コンテンツ導入

動画視聴の一般化やメディア環境の変化を追って、大手メディアに限らずあらゆるメディアが動画コンテンツを導入しています。動画コンテンツの継続的な提供は、ユーザーとのエンゲージメントを高め、メディア価値の増大に寄与します。
実績のある動画プラットフォームを利用することで、多くのコンテンツを容易に管理するだけでなく、多様化するデバイスに最適化した形式での配信が可能です。ASP形式で提供されるため、リーズナブルな費用でスピーディーなサービスインを実現します。

  • 利用ケース
    • 既存Webメディアへの「動画コーナー」の追加
    • 登録会員・有料会員に向けたプレミアムとしての動画配信
  • メリット
    • 動画コンテンツの視聴を通じた、ユーザー利便性の改善、サイト滞在時間等の活性化、結果としての収益やメディア価値の拡大

コンテンツ販売による収益化

ライセンシングビジネスの一環として、キャラクターやタレント・アーチストをフィーチャーしたコンテンツ販売による収益化が可能です。
主には、デジタルコンテンツの有料配信、タレント・アーチストのイベントを有料ライブ配信(もしくは収録後にオンデマンド配信)、あるいは定額制で動画や音楽コンテンツを有料ストリーミングし、さらにはOTTサービスなどのプラットフォームを構築するなど、求められるサービス内容・課金形態やセキュリティレベルに応じて安定的なサービスと収益の最大化を実現します。

  • 利用ケース
    • ファンサイトなどにおけるプレミアムコンテンツとして、動画・楽曲のオンデマンド有料配信
    • ライブイベントやコンサートの有料配信
    • 定額制の音楽コンテンツストリーミングサービス(サブスクリプション型)
  • メリット
    • デジタルコンテンツによる新たな収益源の確保

広告による収益化

動画広告による動画コンテンツの収益化、運営するメディアへの広告枠の導入やWebコンテンツ自体の広告化など、あらゆるコンテンツはインターネット広告による収益化が可能です。
Jストリームはこの収益化について、コンテンツの企画制作とアドソリューションの導入・運用の両面から総合的に支援します。

  • 利用ケース
    • 動画広告に対応した動画配信プラットフォーム・アドソリューションを導入し、動画コンテンツを収益化
    • 動画アドネットワークへの参加を通じた、動画広告枠の収益拡大
    • Webコンテンツと動画などとを組み合わせた、ネイティブアド形式での広告展開
  • メリット
    • コンテンツや自社サイトでの新たな広告収入の確保
電話でのお問い合わせは

0120-65-8140

TEL03-5765-7000

(受付時間:平日9:30-18:30)

電話でのお問い合わせは
0120-65-8140