製造

製造業界における課題について、経済労働省は「国内ものづくり基盤の整備」「『稼ぐ力』の向上」「デジタル化」「人材育成」などを挙げています*。これらの課題解決に向け、製品の開発・製造プロセス、ユーザーとのコミュニケーション形態、多様化する人材の育成方法について、環境変化への対応が、B2C・B2Bビジネスを問わずますますクロースアップされています。
Jストリームは製造業に関する多くの案件実績を通じた経験やノウハウを活かし、このような課題解決をお手伝いいたします。
*
経済産業省2015年4月発表「製造業をめぐる現状と課題への対応」

自社Webサイトでの動画活用

CMギャラリーページ、製品ページでの紹介動画配信、IRやCSR活動の紹介動画など、動画を活用したコンテンツを通じて、効果的な情報訴求や顧客の獲得・エンゲージメントの強化を図ることができます。
Jストリームは、製造業に関する多くの実績を通じた経験を活かして、動画を活かしたWebサイトの構築、動画コンテンツの制作や配信、および事後の運用まで一元的なサポートを行っております。

  • 利用ケース
    • 動画を活用した、CMギャラリー、製品紹介、IR・CSR活動紹介、人事採用動画
    • 企業ユーザー向けのオンラインセミナー、動画を活用したインバウンドマーケティング
  • メリット
    • 動画のわかりやすさを活かすことで、商品や企業の魅力をわかりやすく訴求
    • SFA(CRM)システムとの連携を通じた、動画視聴行動ベースのマーケティング活動や効果検証

商品プロモーション動画制作

商品の魅力や利点をわかりやすく伝える動画コンテンツにより、見込客などへの理解を促すことができます。
Jストリームは、個別のターゲット・実施目的や課題などに応じて、実写だけでなくインフォグラフィックスやドローン撮影などあらゆる手段を用いて、ターゲットやプロモーション活動に沿った動画の企画制作が可能です。企画レベルからトータルなプロデュースが可能ですので、多忙なご担当者様の負担を下げつつ、当初の目的・主旨に沿った成果実現に貢献します。

  • 利用ケース
    • 自社サイトやインターネットメディア、デジタルサイネージなどでの配信
    • 動画広告などでの活用
  • メリット
    • 紙面や文字・画像だけでは伝えきれない商品のイメージを、動画で魅力的にわかりやすく訴求
    • PC・スマートフォンのほか、デジタルサイネージからTVまで幅広いメディア・デバイスでの再生・表示が可能

動画活用による人材教育・優れた技術の伝承

文書や集合研修だけでは伝わりにくい自社のノウハウ・スキルなどを動画化し、社内共有することで効果的な人材教育や技術の伝承などが可能となります。
また、平等な教育機会により従業員のロイヤルティを向上し、わかりやすい動画による教育プログラムは、人材流動化や代理店等急拡大の環境下での均質な商品・サービス提供に必要な人材育成を加速します。

  • 利用ケース
    • 国内外の製造拠点に向け、製造・加工のプロセスや完成イメージを説明する動画を配信し、従業員教育に活用
    • 優れた接客・商談スキルや営業ロールプレイングを撮影した動画を、社内ポータルサイトや社内SNSを介して共有
    • DVDなど既存教育素材の転用や、eラーニングマネジメントシステム(LMS)と動画配信システムの連携
  • メリット
    • 平等な教育機会の提供
    • 知識・技術向上による品質の均一化
    • 映像化による知識・技術・技能の資産化
    • スマートフォン等のカジュアルな手段での撮影が許される場合は、現場などからハードルの低い情報共有
    • 社外からのアクセスを制限した配信方法を選択すれば、社外秘の情報伝達も可能

国内ECサイトへの商品動画一括掲載

メーカー側で商品動画をJストリーム側のシステムに登録すると、Jストリームが提携するECサイト上の該当商品ページに自動的に掲載されることで、商品の販促活動を実現するサービスです。
該当商品ページへの掲載は、各商品のJANコードにより自動判別してシステム側が行うため、メーカー側からECサイトに個別の掲載管理は不要です。つまりメーカーは動画の制作・登録以外の運用負荷なく、ECサイトという多くのユーザーの購入動線上での動画プロモーション効果を享受することができます。

  • 利用ケース
    • 家電・電子機器・DVDなどのパッケージメディアの販促
  • ソリューション活用のメリット
    • ECサイトの購入動線上での、動画による拡販効果
    • 複数サイトに対するプロモーション管理工数・運用コストの削減
    • 商品ごとに、提携各ECサイトでの掲載可否を管理可能

拠点間情報共有

国内外の事業拠点などで撮影した動画の社内情報共有、社内専門家への相談など、動画を活用した円滑なコミュニケーションを支援します。たとえば、スマートフォンなどカジュアルな手段で、支店紹介や営業スキルなどの動画を撮影してボトムアップ的に共有することで、円滑な社内コミュニケーションを通じた組織活性化につなげることが可能です。
また、社内SNSなどの既存システムとの連携を通じて、既存業務への適用も可能です。

  • メリット
    • 各拠点を実際に行き来する手間とコストの削減
    • 電話やメール等に比べ、わかりやすく正確な情報共有
    • 全拠点へのタイムラグのない一括した情報共有
    • 拠点間コミュニケーションの活性化
    • 社外からのアクセスを制限した配信方法を選択すれば、社外秘の情報伝達も可能
電話でのお問い合わせは

0120-65-8140

TEL03-5765-7000

(受付時間:平日9:30-18:30)

電話でのお問い合わせは
0120-65-8140