放送

放送業界では、デジタルコンテンツによる新たな収入源の確立と既存の放送事業との連携強化が求められています。
代表的な手法としては、放送コンテンツの2次利用(インターネット配信)を、動画広告などのインターネット広告やさまざまな課金形態で収益化する「OTTサービス」を挙げることができます。放送事業者のサービスゆえ、インターネット配信サービスであってもユーザーが期待するサービス品質は非常に高く、またコンテンツによっては著作権保護への厳重な対応が求められる場合があります。
Jストリームは放送業界における多くの案件実績を通じた経験やノウハウを活かし、このような課題解決をお手伝いいたします。

広告・課金デジタルコンテンツ配信サービス

放送コンテンツの2次利用などによる動画や楽曲・電子書籍などのデジタルコンテンツを配信し、動画広告(AVOD)などのインターネット広告や有料課金( SVOD・TVOD・ESTなど)で収益化する、自社のOTTサービスの展開が可能です。
Jストリームの放送業界に精通した専門スタッフが、企画検討段階からWebサイトの構築から配信、事後の運用までを一貫してサービス実現をお手伝いします。堅牢な配信ネットワークを活かしたサービス安定性の確保だけでなく、アドテクノロジー導入、課金・会員管理システム・著作権保護などOTTに求められる高度な機能要件にも対応いたします。

  • 利用ケース
    • 放送事業者としてのOTTサービス(動画を中心にしたコンテンツ配信サービス)
    • 広告・有料課金による収益化
  • メリット
    • デジタルコンテンツによる、新たな収益源の確率

放送番組サイマル配信・放送連動型ライブ配信

放送番組のインターネット同時配信、放送に連動して関連コンテンツをインターネットで同時配信するサービスです。
放送波でリーチできないデバイスやユーザーへのサービス拡大、放送波を超えたマルチアングルによる多面的なサービス提供が可能となります。

  • 利用ケース
    • 放送番組のインターネット同時配信
    • 放送番組と連動した、関連コンテンツや裏番組などの同時配信
  • メリット
    • 放送波がリーチできない、エリア外あるいは就業中・移動中などのPC/スマートフォンユーザーへのマルチデバイスなサービス対応
    • 放送波に収容できない、スピンアウトコンテンツや裏番組などマルチアングル的なサービス提供
    • 放送エリアの国内限定など、ライツマネジメントに応じた配信設定

動画・Webサイトコンテンツの高速・安定配信対策

番組連動などにより膨大なアクセスが集中するWebサイトや動画配信に、CDN(Content Delivery Network)を導入することで、アクセス集中時の負荷分散のほか、定常的なサイト表示速度の向上も実現します。

  • 利用ケース
    • 自社Webサービスの安定配信
    • 自社動画配信サービスの安定配信
  • メリット
    • 突発的なアクセス集中時にもサイト表示遅延やサーバーダウンを防止
    • 動的ファイルにも対応するため、サイト会員は快適なコンテンツ視聴やショッピング体験が可能に
電話でのお問い合わせは

0120-65-8140

TEL03-5765-7000

(受付時間:平日9:30-18:30)